スキップしてメイン コンテンツに移動

アルフレッド・ケルプラインによる、マンガノ&シャーマン共著の先天性甲状腺機能低下症論文に対しての編集者への質問状 英語原文


アルフレッド・ケルプラインは、チェルノブイリ事故後の欧州諸国における出生率、乳児死亡率、先天性奇形などのデータを統計的に分析してきたドイツの物理学者である。
福島事故後の日本における出生率や乳児死亡率の変化をチェルノブイリ後の変化と比較した論文の和訳は下記のリンクよりご覧頂ける。


福島事故後の日本での乳児死亡率

PDF  http://www.strahlentelex.de/Infant_mortality_in_Japan_after_Fukushima_jp.pdf 

福島原発事故から9ヶ月後に日本で生産(せいざん)率減少
http://donpuchi.blogspot.com/2013/04/9.html

日本における乳児と新生児死亡率
http://fukushimavoice.blogspot.com/2013/04/blog-post_14.html

日本における出生数の性比の分析
http://fukushimavoice.blogspot.com/2013/05/blog-post.html

 
ケルプラインは、ジョセフ・マンガノとジャネット・シャーマン共著の研究論文 "Elevated airborne beta levels in Pacific/West Coast US States and trends in hypothyroidism among newborns after the Fukushima nuclear meltdown"「福島原発事故後の米国ハワイ州と西海岸4州での大気中のベータ線量増加と新生児における甲状腺機能低下症の傾向」について、掲載誌であるOJPedの編集者へ質問状を送った。論文内の統計的計算などに疑問を持ったからである。だが、不思議な事に、この掲載誌OJPedでは編集者への質問状は受け付けないということだった。

この手紙はまた、マンガノとシャーマン両著者にもメールで送られた。しかし、マンガノからは無反応、シャーマンからはたった一行の「ありがとう」と言う返事しか来なかった。

ケルプラインは、過去にもマンガノ&シャーマン論文に対しての疑問・批判を発信しているが、両著者ともそのような建設的批判を認識すらしないようである。

ケルプラインの許可のもと、この編集者への質問状の原文をここに公開する。

マンガノ&シャーマン論文リンク
Elevated airborne beta levels in Pacific/West Coast US States and trends in hypothyroidism among newborns after the Fukushima nuclear meltdown
Joseph J. Mangano and Janette D. Sherman


              *****

Letter to the editor of OJPed in response to:

Joseph J. Mangano, Janette D. Sherman. Elevated airborne beta levels in Pacific/West Coast US States and trends in hypothyroidism among newborn after the Fukushima nuclear meltdown. Open Journal of Pediatrics, 2013, 3, 1-9.

Alfred Körblein, alfred.koerblein@gmx.de

Mangano and Sherman’s idea to study congenital hypothyroidism (CH) case numbers among newborn babies is new and seems to be promising. Their approach is reasonable; they compare the CH case numbers after Fukushima with those before Fukushima in 5 Pacific/West Coast states (Hawaii, Alaska, Washington, Oregon, and California: the study region) where the fallout from the Fukushima plumes was higher than in other parts of the USA. And they also look at the 2010-2011 change of CH cases in 36 other US states (the control region).


Mangano and Sherman state:

“The 2010-2011 ratio representing the change in CH cases was 1.16 for the five Pacific/West Coast States, rising from 281 to 327 confirmed cases. The 1.16 ratio exceeded the 0.97 ratio (decline in cases from 1208 to 1167) for the 36 control states; the difference is significant at p < 0.03. Increases in ratios were observed in the exposed areas for the periods March 17-June 30 (1.28, significant at p < 0.04) and July 1-December 31 (1.10, not significant at p < 0.21).”

Unfortunately the authors (M&S) do not clearly say how they tested the significance of their result. In their method section they state:

“CH cases for births in the periods March 17 to December 31 (2010 and 2011) will be compared, for the Pacific/West Coast States and the remainder of the US Portions of this 290 day period will also be compared. Significance testing will be conducted using a t test, where n equals the number of Pacific/West Coast cases in 2010 and 2011, the observed change will be the change in the Pacific/West Coast, and the expected change will be the change for the remainder of the US.”

So their hypothesis to be tested is whether there is a significant difference in 2010-2011 ratios between the study region and the control region. To check whether the reported p-values of p<0.03 and p<0.04 are correct, I applied a Poisson regression of CH numbers from their Table 4 in the two years (2010 and 2011) and in the two regions (study and control) and used two dummy variables: “d11”, which is 1 for 2011 and zero for 2010, and “study”, which is 1 for the study region and zero for the control region. A third dummy variable is the interaction dint=d11*study. Dummy variable “dint” is used to estimate the difference in 2010-2011 ratios between the study and control region.

The result of the Poisson regression was a 20.5% increase in CH cases in 2011 for March 17 to December 31 (p=0.041) and a 35.6% increase for March 17 to June 30 (p=0.049). So both results are statistically significant, albeit not at their stated p<0.03 or p<0.04 levels.

But it turns out that the estimate of the parameter for “d11” is not significant; the p-value s are p=0.400 for March 17 to December 31 and p=0.451 for March 17 to June30. As a rule, parameters that have no meaningful influence on the goodness of fit should be omitted in the regression and, per convention, p>0.2 is considered not meaningful. There is also a criterion that helps choosing the best model, the so called Akaike criterion (AIC), see http://en.wikipedia.org/wiki/Akaike_information_criterion, which is a measure for the goodness of fit. This is smaller for the regression model without d11 (AIC=35.2) than for the model with d11 (AIC=36.6).

The regression without d11, yields the following result for the shorter period March 17 through June 30:


       Estimate    Std. Error  z value    Pr(>|z|)
(Intercept) 5.96229     0.03587   166.197     <2e-16 ***
study      -1.40842     0.10869   -12.958     <2e-16 ***
dint        0.25014     0.13683     1.828     0.0675 . 

 
Now the parameter for dint (which estimates the 2010-2011 change in CH cases in the study region) is not significant (p=0.0675). A similar result is obtained for the longer period March 17 through December 31 (p=0.0624).

The use of CH case numbers instead of CH incidences, however, means that their inferences can only be made if the live birth numbers don’t change between 2010 and 2011, or if the 2010-2011 relative change in birth numbers is the same in both the study and control region. 
 
Official numbers of live births for 2011 are not available yet, but the US Centers for Disease Control and Prevention provide preliminary annual live birth data for 2011 for individual US states on their website [1]. The respective data for 2010 can be found on the statehealthfacts website [2]. Therefore I was able to determine the numbers of live births for 2010 and 2011 in the two periods (March 17-December 31 and March 17-December 31) and calculate the incidence rates. I used a logistic regression of CH incidence rates for the two time windows with only one dummy variable (dint) to estimate the excess in 2011 in the study region. This yielded a 16.6% increase in March 17-December 31 2011 p=0.0087) and a 32.5% increase in March 17-June 30 2011 (p=0.0036). Both results are significant at the p<0.01 level.

The main reason for the lower p-values compared to the regression of the CH case numbers is that in 2010 the incidences agree fairly well in the study and control region (the p-value for the dummy variable study is p=0.735) so study can be omitted. There is also good agreement between the incidences in 2010 and 2011 in the study region, so the dummy variable d11 (p=0.578) can also be omitted.

Essentially, the use of incidence rates instead of case numbers increases the statistical significance of Mangano and Sherman’s findings.


Several technical gremlins appear in the published tables. The confidence intervals in Table 1 and the ratios in the last two columns of Table 3 are incorrect, and the case numbers for the 36 control states in the last two rows do not sum up to the numbers in the first row in Table 4. Also page 3 states “Results showed that for I-131, the highest depositions, in becquerels per cubic meter....“. This should read “per square meter“. This was first spotted on the ex-skf.blogspot website [3].

However these glitches have no influence on the authors’ main finding.

References
[1] http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr61/nvsr61_05.pdf
[2] http://www.statehealthfacts.org/profileind.jsp?rgn=1&cat=2&ind=34
[3] http://ex-skf.blogspot.de/2013/04/ot-slight-problem-with-mangano-sherman.html


コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…

和訳と考察 長崎大学&ベラルーシ研究発表「放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ」

The Lancet: Diabetes and Endocrinology (「ランセット:糖尿病と内分泌学」)2016年8月号に、長崎大学(高村昇、折田真紀子、ウラジミール・サエンコ、山下俊一、長瀧重信)とベラルーシ(ユーリ・デミチク)の共同研究が、コレスポンデンスとして掲載された。これは、2016年8月4日に福島民報に掲載された記事で言及されている論文だと思われる。以下は非公式和訳である。



放射線と甲状腺がんリスク:福島とチェルノブイリ
ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故から30年、そして福島第一原子力発電所での危機から5年が過ぎた。チェルノブイリ災害後、ベラルーシ、ロシアとウクライナにおいて、事故時に放出された放射性ヨウ素に被ばくした小児と思春期の青年らの間で甲状腺がんのかなりの増加が報告された。このチェルノブイリでの経験に基づいて、福島県民健康調査の枠組み内で甲状腺超音波検査が行われている。この検査は福島事故当時18歳未満(原文ママ:実際には事故当時18歳「以下」)だった住民すべて(およそ36万人)が対象である。2011年10月から2014年3月に実施されたスクリーニングの1巡目では、受診者 300,476人中113人が、甲状腺悪性腫瘍確定または疑いとされた。
福島事故後の甲状腺がんの発見は、現代的で精度の高い超音波技術によるスクリーニングの影響かもしれない。この問題を調査するために、福島での放射線被ばくと甲状腺がんの間の因果関係は、特にチェルノブイリからの既存の証拠に対して注意深く評価されるべきである。
チェルノブイリでは、被ばくした小児の甲状腺被ばく線量平均値は、ベラルーシで 560 mSv[SD 1180]、ウクライナで 770 mSv[260]と推計された。一方、事故後に福島の1000人以上の 0〜14歳の小児の 99%で報告された甲状腺被ばく線量は、15 mSv未満だった。これらの低いレベルでは、福島での被ばく線量が、被ばくの可能性から 4年以内に検出可能な甲状腺がんの過剰例を起こした可能性は低い。
もうひとつの考慮すべき重要点は、2つの事故後の患者の年齢である。ベラルーシでは、事故前に設置されたがん登録によると、事故後最初の4年間(1986〜1989年)に被ばく時に0〜15歳だった患者で25例の甲状腺がんの手術例が報告された。この数字は、199…