スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

メモ:2018年12月27日発表の甲状腺検査結果の数字の整理など

2018年12月27日に、第33回「県民健康調査」検討委員会が開催され、2018年9月30日時点での3巡目(新たに3例が悪性ないし悪性疑いと診断、2例が甲状腺がんと確定)、4巡目、そして25歳時の節目検査(2016年度実施)の結果が公表された。

各検査回の一次・二次検査の結果概要、悪性ないし悪性疑いの人数・年齢・性分布、および各年度ごとの手術症例の人数などは、「参考資料1 甲状腺検査の状況」にまとめられている。

3巡目の結果
  2016年5月1日から開始されている3巡目では、新たに20人が受診し、41人で結果が判定されたが、一次検査受診率も結果判定率も前回と同じ64.6%、100.0%に留まった。1巡目と2巡目での受診率はそれぞれ81.7%と71.0%だったので、それよりも低いことには変わりない。検査年度4月1日時点での年齢が18歳以上の受診率は、前回と同じ16.4%である。
  二次検査対象者は前回より3人増えて1485人となり、受診者数は111人(2016年度対象市町村で15人、2017年度対象市町村で96人)増えて1024人になり、受診率は7.4%増えて69.0%となった。1巡目と2巡目の二次検査受診率(92.9%と84.1%)よりまだ低い。二次検査の結果確定数は、2016年度対象市町村で13人増えて560人(94.3%)、2017年度対象市町村で94人増えて373人(86.7%)と、全体的には933 人となり、全体的な結果確定率は、わずか0.6%増えて91.1%になった。
  2016年度対象市町村から3人、2017年度対象市町村から6人の計9人が新たに細胞診を受診し、2016年度対象市町村から1人(女性1人)、2017年度対象市町村から2人(女性2人)の計3人が、新たに悪性ないし悪性疑いと診断された。1人が避難区域等13市町村、2人が浜通りの住民である。この3人の事故当時年齢は、6歳、6歳、11歳だった。2巡目での判定結果は、1人がB判定、2人がA2判定だったが、A2判定の2人の内訳(結節か、のう胞)は、報告されなかった。(この内訳に関して記者会見で問われた際、志村氏は、個人情報の観点から、A2判定の内訳を報告して良いものなのか確認の必要があると述べた。今回、志村氏が本年度に甲状腺検査部門長に就任してから初めて、前回検査結果がA2だった例が報告されたことになるた…