スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

メモ:2017年12月25日発表の甲状腺検査結果の数字の整理

(2巡目での手術数が更新されていたことについて、2018年3月6日に訂正した。)

2017年12月25日に、第29回「県民健康調査」検討委員会が開催された。前回の、2017年10月23日の第28回「県民健康調査」検討委員会では、2巡目の結果は一区切りと考えられ、次回の検討委員会か甲状腺検査評価部会で確定版を公表し、まだ続行中の二次検査結果が追補版として出される旨、言及されていた。実際、2017年11月30日に開催された第8回甲状腺検査評価部会で、2巡目結果の確定版が公表されている。確定版のデータは、第28回「県民健康調査」検討委員会で出された結果とまったく同じで、2017年6月30日付けのものであり、今回の検討委員会では、夏休み中に検査を受けた人のデータを含む9月30日付けの結果が口頭発表されるのではないかと期待されたが、甲状腺検査評価部会で配布された確定版結果以上の情報は公表されなかった。 2巡目の結果確定版のデータそのものは、第28回「県民健康調査」検討委員会で出された結果と同じだったが、地域別集計の表11が追加されている。また、9月30日付けの結果では手術例が1例増えたことが口頭発表され、別資料「甲状腺検査結果の状況」から、この1例が平成26年度市町村の対象者であったことがわかる。

3巡目結果は、新たに悪性ないし悪性疑いと診断された人はおらず、手術症例が4例増え、これまでに悪性ないし悪性疑いと診断された7人全員が手術を受け、甲状腺乳頭がんの診断が確定されたことになる。

前回と比べ、全体的な数字に変化はないのではあるが、時系列的な記録を残すという意味で、これまでと同様、甲状腺検査結果の数字をメモ的に整理した。データは、2巡目結果は2017年6月30日時点、3巡目結果は2017年9月30日時点のものである。

注:2巡目対象者には、甲状腺検査未受診の25歳節目健診対象者が計上されるが、3巡目では、25歳節目健診対象者(平成4年度、5年度生まれ)は別途計上となるため、対象者に入っていない。このため、3巡目の一次検査対象者数は、2巡目よりも44625人少なくなっている。またこれは、平成4年度と5年度生まれの受診者が二次検査で悪性ないし悪性疑いの診断を受けても、今回の3巡目結果には含まれていないことになる。

***
2巡目結果の確定版は、甲状腺検査評価部会の開催報告の中に含まれて…