メモ:2017年12月25日発表の甲状腺検査結果の数字の整理


(2巡目での手術数が更新されていたことについて、2018年3月6日に訂正した。)

2017年12月25日に、第29回「県民健康調査」検討委員会が開催された。前回の、2017年10月23日の第28回「県民健康調査」検討委員会では、2巡目の結果は一区切りと考えられ、次回の検討委員会か甲状腺検査評価部会で確定版を公表し、まだ続行中の二次検査結果が追補版として出される旨、言及されていた。実際、2017年11月30日に開催された第8回甲状腺検査評価部会で、2巡目結果の確定版が公表されている。確定版のデータは、第28回「県民健康調査」検討委員会で出された結果とまったく同じで、2017年6月30日付けのものであり、今回の検討委員会では、夏休み中に検査を受けた人のデータを含む9月30日付けの結果が口頭発表されるのではないかと期待されたが、甲状腺検査評価部会で配布された確定版結果以上の情報は公表されなかった。 2巡目の結果確定版のデータそのものは、第28回「県民健康調査」検討委員会で出された結果と同じだったが、地域別集計の表11が追加されている。また、9月30日付けの結果では手術例が1例増えたことが口頭発表され、別資料「甲状腺検査結果の状況」から、この1例が平成26年度市町村の対象者であったことがわかる。

3巡目結果は、新たに悪性ないし悪性疑いと診断された人はおらず、手術症例が4例増え、これまでに悪性ないし悪性疑いと診断された7人全員が手術を受け、甲状腺乳頭がんの診断が確定されたことになる。

前回と比べ、全体的な数字に変化はないのではあるが、時系列的な記録を残すという意味で、これまでと同様、甲状腺検査結果の数字をメモ的に整理した。データは、2巡目結果は2017年6月30日時点、3巡目結果は2017年9月30日時点のものである。

注:2巡目対象者には、甲状腺検査未受診の25歳節目健診対象者が計上されるが、3巡目では、25歳節目健診対象者(平成4年度、5年度生まれ)は別途計上となるため、対象者に入っていない。このため、3巡目の一次検査対象者数は、2巡目よりも44625人少なくなっている。またこれは、平成4年度と5年度生まれの受診者が二次検査で悪性ないし悪性疑いの診断を受けても、今回の3巡目結果には含まれていないことになる。

***
2巡目結果の確定版は、甲状腺検査評価部会の開催報告の中に含まれている。前述のとおり、データは前回とまったく同じであるが、「調査概要」に、以下の新項目7「確定版の定義」が、付け加えられている。

7. 確定版の定義
 一次検査については、平成26年4月2日から平成29年6月30日までに、検査を受診した方を本格検査(検査2回目)として集計した。
 二次検査についても、平成29年6月30日までに結果が判明した分について集計した。7月1日以降については、別途追補版として整理する。

なお、2巡目の悪性ないし悪性疑いは71人、手術症例は51人 50人である。

2016年5月1日から開始されている3巡目では、一次検査受診率が前回より7.0%増えて48.1%となった。二次検査対象者は前回より169人増えて923人となり、前回より119人多い557人が二次検査を受診し、うち474人で結果が確定している。新たに4人が細胞診を受診したが、悪性ないし悪性疑いと診断された人はいなかった。手術症例は4例増え、これまでに悪性ないし悪性疑いと診断された7人全員が平成28年度実施市町村の住民であるが、その7人全員が手術を受けたことになる。

先行検査(1巡目
悪性ないし悪性疑い 116人
手術症例      102人(前回から変化なし)(良性結節 1人、甲状腺がん 101人:乳頭がん100人、低分化がん1人)
経過観察中      14人

本格検査(2巡目)
悪性ないし悪性疑い 71(前回から変化なし)
手術症例      51 50人(前回から1人増 変化なし)(甲状腺がん 51人 50人:乳頭がん 50人 49人、その他の甲状腺がん**1人)
経過観察中     20人 21人

本格検査(3巡目)
悪性ないし悪性疑い 7(前回から変化なし)
手術症例      7人(前回から4人増)(甲状腺がん 7人:乳頭がん7人)
経過観察中     0人

合計
悪性ないし悪性疑い 194人(良性結節を除くと193人
手術症例      160人 159人(良性結節 1人と甲状腺がん 159人 158:乳頭がん 157人 156人、低分化がん 1人、その他の甲状腺がん**1人)
経過観察中       34人 35

(**「その他の甲状腺がん」とは、2015年11月に出版された甲状腺癌取り扱い規約第7版内で、「その他の甲状腺がん」と分類されている甲状腺がんのひとつであり、福島県立医科大学の大津留氏の検討委員会中の発言によると、低分化がんでも未分化がんでもなく、分化がんではあり、放射線の影響が考えられるタイプの甲状腺がんではない、とのこと。)

***

2巡目で悪性ないし悪性疑いと診断された71人の1巡目結果
A1判定:33人(エコー検査で何も見つからなかった)
A2判定:32人(結節 7人、のう胞25人)
B判定: 5人(すべて結節、とのこと。先行検査では最低2人が細胞診をしている)
先行検査未受診:1人

3巡目で悪性ないし悪性疑いと診断された7人の2巡目結果
A1判定:1人
A2判定:5人(結節1人、のう胞4人)
B判定:1人

メモ:2019年7月8日発表の甲状腺検査結果の数字の整理など

2019年7 月8日に、 第35回「県民健康調査」検討委員会 が開催され、 2019年3月31日時点 での 3巡目 (新たに3例が悪性ないし悪性疑いと診断、3例が手術により甲状腺がんと確定)と 4巡目 (新たに3例が悪性ないし悪性疑いと診断、1例が手術により甲状腺がんと確定 )お...