スキップしてメイン コンテンツに移動

再掲:山下俊一の3月11日英語基調講演の完全書き起こし、および和訳


この記事は、2013年4月8日にこのサイトに掲載されたものである。スライド画像を拡大して見やすくした。
スライド12のグラフ改ざんに関してはこちらを参照のこと。

10th Annual Warren K. Sinclair Keynote Address: Fukushima Nuclear Power Plant Accident and Comprehensive Health Risk Management
Shunichi Yamashita, M.D., Ph.D.

米国放射線防護協会 第49回年次大会 第10回ウォレン・K・シンクレアー基調講演
「福島原子力発電所事故と総合的健康リスク管理」
山下俊一 2013年3月11日 米国メリーランド州ベセスダ 

動画 Yamashita’s lecture at the March 11 NCRP annual meeting

パワーポイント資料 PowerPoint slides


*****
ここでは、山下俊一氏の2013年3月11日の米国放射線防護協会の第49回年次大会における基調講演の一語一句を、そのまま書き起こしました。山下氏が講演で使用したパワーポイント資料のスライド番号順に、そのスライドと符合した英語原文を記載し、「山下氏の英語」そのままの直訳和文と、内容と整合性がある意訳和文の両方を記載しました。スライド自体に関しては、基本的に和訳をする時間がありませんでしたのでご了承下さい。

直訳和文と意訳和文の2通りの和訳を記載した理由は、山下氏の英語は英語圏の人にさえも非常に分かりにくいため、情報が完全に伝わっていないと思われるからです。それをお伝えするために、聴衆がどのように受け止めたであろうかということを直訳和文で表しました。英文の文章が完全でないどころか文章そのものになっていない場合が多く、それを表すために、直訳和文では英語原文で動詞が使われていなかったら、直訳和文に語尾がない場合もあります。英語の言い回しも、言い方によっては丁寧に聞こえたり粗雑に聞こえたりしますが、聞いて受けた印象を直訳和文内で表現しました。また、実際に耳で聞いて伝わって来るイントネーションに込められた感情で、特に印象に残った上、こういう講演の場において適切でないと思ったものを表すために、注釈をつけた部分もあります。

山下氏の英語は、以前にも2011年3月22日の外国人記者クラブでの英語記者会見を部分的に書き起こした事があります。
ここでの英語も、また言っている内容も、ひどいものでした。

今回の英語基調講演では、折しも3月11日と言う日に米国まで来て、特に福島県民には心外であろうと思われる内容を、このような自己流の英語で全く自分視点から喋ったと言う事実に呆れてしまいました。そして、聞き取りにくい英語を聞き込めば聞き込む程、その内容のひどさに怒りを感じました。これは日本人全員が知るべきだと感じました。

これほどでたらめでいい加減な英語で微妙な問題をわけの分からない状態に落とし込み、しかも放射線の影響と言うことは断固として否定している。山下氏に批判的な人ばかりではなく、彼に好意的な人も、山下氏の英語講演の英語力および論理性のなさがどれほどひどいかをよく認識していただきたいと思います。

個人的な印象としては、この講演中に山下氏が何を喋っているのかはっきりと把握した人は会場では数少なかったのではないかと思います。聴衆に最も伝わったことは、どれほど一般人やメディアが無知であるか、どれほど福島県での放射線の影響が少ないか、どれほど福島県の方々における精神的ストレスが大きいか、などだと思います。

なお、一語一句を書き起こしたと前述しましたが、山下氏の英語は、英語独特の句読点などを無視したものなので、普通の認識で聞くと聞き逃す事もあるために、完全に全てを拾えてない可能性はあります。また意訳和文に関しては、英語原文の意味が全く通らない部分では内容と前後の経緯から推測した部分もあり、推測も困難な場合は文面通りで意訳したと注釈をつけた箇所もありますので、その旨ご了承願いたいと思います。


*****



スライド1



スライド2



注:動画の収録は山下氏の文章の途中から始まっていますが、このスライドの説明の途中から始まったと思われます。


Slide 2: (….) many countries and international organizations, just after Great East Japan Earthquakes, especially from the United State, Operation Tomodachi, worked very well for the Japanese.

スライド2 直訳:・・・多くの国々や国際機関が、特に米国からトモダチ作戦が東日本大震災のすぐ後に、日本人には大変良い結果でした。

スライド2 意訳:・・・多くの国々や国際機関が、特に米国からトモダチ作戦が東日本大震災直後に援助に来てくれて、日本は大変助かりました。


スライド3



Slide 3: Today I would like to present the Fukushima nuclear power plant accident and the comprehensive health risk management.  Because as John introduce my career, I originally from Nagasaki, you know, Hiroshima/Nagasaki.  We were working for a long time to help the survivors.  I am also deeply committed to Chernobyl project since 1991.  

Just after the Fukushima accident, I have been dispatched from Nagasaki University to Fukushima to assist not only emergency radiation medicine but established for the residents’ health care and also the health management.  Therefore, today’s my talk is merely to focusing on Chernobyl issues and Fukushima’s health management survey problem.

スライド3 直訳:今日は、私は、福島原子力発電所事故と総合的な健康リスク管理のお話をしたいと思います。ジョンが私の経歴を紹介するように、私は長崎出身。ご存知の、広島・長崎。私達は長い間、被爆者生存者を助けていました。そして私は、1991年からチェルノブイリ・プロジェクトに深く関わっています。

福島事故のすぐ後に、私は、緊急被ばく医療の手助けのためだけでなく、県民の医療とさらに健康管理を設立するために、長崎大学から福島へ派遣されています。故に、今日の私の講演は、チェルノブイリの事と福島県の健康管理調査の問題に焦点を当てるだけにすぎません。

スライド3 意訳:今日の講演では、福島原子力発電所事故と、総合的な健康リスク管理についてお話をしたいと思います。先ほどジョンから私の経歴をご紹介頂きましたが、私は、皆様も広島・長崎の原爆でご存知の長崎の出身です。私達は長崎でずっと被爆者の支援をしております。また、私は、1991年以来、チェルノブイリ・プロジェクトに深く関わらせて頂いています。

福島原発事故直後に、私は、緊急被ばく医療の手助けのためだけでなく、県民への医療と健康管理の設立のために、長崎大学から福島医大へ派遣されました。故に、今日の私の講演では、チェルノブイリでの状況と福島県の健康管理調査の事に焦点を当てる事に致します。


スライド4



Slide 4:  As all of you know, the health effect are simply categorized by acute effects and late effect.  It depend on the dose.  We know the importance of dose.  How much dose received? But in general speaking, people they don’t know.  For example, nuclear reactors accident don’t equal A-bomb survivors datas such as acute radiations at all.  This may confuse in the current situation in Fukushima.  So we need carefully think about differentiate the deterministic effect, it’s a kind of the large amount of radiation exposure.  But today I will talk about mainly low-dose radiation effect, so-called stochastic effect.

スライド4 直訳:皆さんがご存知のように、健康影響は単に急性影響と晩発性影響によって分類されています。線量に依存します。線量の重要性は分かっています。どれ位の線量受けたか?しかし、一般的に、人々、彼らは知りません。例えば、原子炉事故は、急性放射線のような原爆被爆者のデータに全く等しくありません。これは福島での現状において混乱するかもしれません。なので、確定的影響の区別について、注意深く考える必要がありますが、それは大量の放射線被ばくの一種類です。しかし今日は主に低線量の放射線の影響、いわゆる確率的影響についてお話します。

スライド4 意訳:皆様がご存知のように、放射線被ばくによる健康への影響は、単に、急性影響と晩発性影響に分かれています。この影響は、線量に依存しますが、線量の重要性というのは、ご存知だと思います。被ばく線量はどの位だったかと言う事が問題となりますが、一般的に申しまして、分からない場合が多いのです。例えば、原子炉事故というのは、急性被ばく症がほとんどである、原爆被爆者のデータと同じでは、全くありません。これは福島県の現状においては、混乱を招くかもしれません。そのため、被ばく量が多い場合に起こる確定的影響を区別するということを注意深く考慮する必要があります。しかし、今日は、いわゆる確率的影響である、低線量被ばくについてお話させて頂きます。


スライド5



Slide 5:  However, it’s very difficult to explain to the public what is the stochastic effect.  Even a long time, RERF, Radiation Effect Research Foundation Hiroshima/Nagasaki, was working very hard for A-bomb survivors’ data, and also we working a long time in Chernobyl, but this is limitation of low-dose epidemiological studies exist.  It means limitation of science to contribution to risk assessment for the uncertainty exists because of no direct evidence of radiation-induced cancer.

スライド5 直訳;しかし、一般の人に、確率的影響は何かを説明するのは大変困難です。長い間でさえ、放影研、放射線影響研究所広島・長崎は、原爆被爆者のデータのために大変熱心に研究をし、また、私達はチェルノブイリでも長い間研究をしましたが、これは低線量の疫学研究の限界が存在します。その意味は、放射線誘発性の癌の直接的な証明がないために、不確かさのためのリスク評価への貢献に科学が限定されているのです。

スライド5 意訳:しかしながら、一般の人に、確率的影響が何かと言う事を説明するのは大変困難です。放影研(放射線影響研究所)は、広島・長崎で長期間、大変熱心に原爆被爆者のデータの研究を続けており、私達もチェルノブイリで長い間研究をしています。しかし、低線量被ばくの疫学研究の限界というものが存在します。放射線誘発性の癌の直接的な証明が存在しないために、不確かさに関するリスク評価への科学の貢献にも限界があるのです。


スライド6



Slide 6:  However, we already know very good data by radiation epidemiologies.  Especially today I would like to concentrate on the thyroid carcinogenesis.  Exposure of radiation on thyroid of young age is a most clearly defined environmental factor associated with thyroid cancer, either by external or internal radiation exposure, on the basis of large cohort study of A-bomb survivors and also in Chernobyl.  These two slides show dose-response relationship between thyroid dose and relative risk of thyroid cancer, either external or internal.  Very similar tendency because there is a unit of the Sievert, means equal or equivalent biological effect either external or internal.  So we know more than 100 mSv can cause increase of thyroid cancer in dose-responsive manner.

スライド6 直訳:しかし、私達は、放射線疫学によってとても良いデータを既に知っています。特に、今日は、私は、甲状腺癌の発癌現象に集中したいと思います。若い年齢の甲状腺への放射線の曝露は、外部被ばくか内部被ばくにより甲状腺癌と関連した、大抵の明らかに定義された環境因子であり、この定義は原爆被爆者とまたチェルノブイリにおいての大規模なコホート研究に基づいています。これらの2つのスライドは、外部か内部による甲状腺線量と甲状腺癌の相対リスクとの相関関係を示しています。シーベルトという単位があり、外部でも内部でも同等の生物学的影響を意味するので、大変似た傾向があります。そのため、100ミリシーベルト以上では、線量反応的に甲状腺癌が増加するのがわかっています。

スライド6 意訳:しかし、放射線疫学によって大変良いデータが分かっています。特に今日は、甲状腺癌の発癌現象に集中したいと思います。幼少時の甲状腺の放射線被ばくは、外部被ばくと内部被ばくのどちらにおいても甲状腺癌と関連した最も明らかに定義された環境因子です。この定義は、原爆被爆者とさらにチェルノブイリにおける大規模なコホート研究に基づいています。この2つのグラフは、外部被ばくと内部被ばくそれぞれによる、甲状腺被ばく線量と甲状腺癌の相対リスクとの相関関係を示しています。シーベルトと言う単位が使われていますが、シーベルトは外部被ばくでも内部被ばくでも同等の生物学的影響を表すために、この2つのグラフでは大変似た傾向が見られます。100ミリシーベルト以上の被ばく量では、線量に比例して甲状腺癌が増加するのが分かっています。


スライド7


Slide 7:  About half of my presentation I would like to concentrate what really we learned from Chernobyl and how to apply lesson learned from Chernobyl to Fukushima.  Very sadly, at the time of Chernobyl accident in 1986, it was a Cold War age.  The world was divided east and west.  This is really man-made disaster.  And very unfortunately public protection against short-lived radioactive iodines and greater internal exposure subsequently occurred by radioactive cesium.   Both were through food chain and drink, were not inhibited or controlled very well. And then eventually, December 1991 former Soviet Union has collapsed.  The people suffered a lot from the Chernobyl.  Impact of psychosocial and mental consequences were so huge when we worked at the time 1991, so there were confusion and the myth inside of Chernobyl. We learned a lot of things.  

スライド7 直訳:私の講演の半分は、何を本当に私達がチェルノブイリから学んだのか、そしてチェルノブイリから学んだ教訓をどのように福島に適応するかに集中したいと思います。大変悲しいことに、1986年のチェルノブイリ事故時には、冷戦の時代でした。世界は東と西に分かれていました。これは本当に人災です。そして大変不幸なことに、短寿命核種の放射性ヨウ素に対する公共の防御とさらに大きな内部被ばくは、その後、放射性セシウムによって起こりました。どちらも、食物連鎖と飲み物を通してであり、禁止もコントロールも、あまり良くされませんでした。そして、それから、最終的に、1991年12月に旧ソ連は崩壊しました。人々は、チェルノブイリからとても苦しみました。私達が1991年に研究に行った時、心理社会学的および精神的な結果の影響はとても大きく、だから、チェルノブイリ内では、混乱と神話がありました。私達は、たくさんの事を学びました。

スライド7 意訳:この講演の半分では、チェルノブイリから実際に何を学んだのか、そしてチェルノブイリからの教訓をどのように福島で活かせることができるのかと言うことに集中したいと思います。大変悲しい事に、1986年のチェルノブイリ事故当時は冷戦時代であり、世界は東西に分かれていました。これは本当に人災でした。そして、大変不幸なことに、短寿命核種である放射性ヨウ素からの公衆の防御が実行されず、後に放射性セシウムによる、さらに大きな内部被ばくが起こりました。これは両核種とも、放射能汚染された食物や飲み物の流通の禁止もコントロールも不十分であったため、飲食により起こりました。そして、1991年12月に、結局旧ソ連は崩壊しました。チェルノブイリ事故により、人々は大変苦しみました。心理社会学的および精神的影響が多大であったあまり、私達が研究を行った1991年には、チェルノブイリ近辺は混乱と噂話で満ち溢れていました。多くの事を学びました。


スライド8




Slide 8:  As all of you know, this is a map of radioactive cesium 137 contaminated entire European region, compared to the Japan, Japanese map.  Just after the Fukushima accident, people were worried too much Fukushima may become similar to Chernobyl.  But that’s not right.  Of course, there is a big difference between Chernobyl and Fukushima.  However, very much similarity also exists between Chernobyl and Fukushima, so-called psychosocial and mental impact.  Very sadly we are now in the middle of this kind of the confusion in Fukushima.

スライド8 直訳:皆さんがご存知のように、これはヨーロッパ全地域を放射性セシウム137が汚染した地図を日本と、日本の地図と比較したものです。福島事故直後、福島がチェルノブイリのようになるかと、人々は心配し過ぎていました。しかし、それは正しくありません。もちろん、チェルノブイリと福島の間には大きな違いがあります。しかし、チェルノブイリと福島には、とても似た点もあります。いわゆる、心理社会学的と精神的影響です。大変悲しい事に、私達は現在、福島では、このような混乱の真ん中にいます。

スライド8 意訳:これは、皆さんも見覚えがあると思う、ヨーロッパ全域の放射性セシウム137の汚染分布図に、日本地図を当てはめたものです。福島事故直後、福島がチェルノブイリのようになるのではないかという懸念が過剰にありました。しかし、その懸念は間違っています。もちろん、チェルノブイリと福島の間には大きな違いがありますが、また、とても似た部分もあります。それは、いわゆる、心理社会的および精神的影響のことです。残念ながら、現在の福島での状況は、このような混乱の真っただ中にあります。(訳者注:できる限りの意訳をしても、文章の意味に整合性がないように思える。)


スライド9



Slide 9:  This map shown on the estimated average thyroid dose to children and adolescents around Chernobyl reported by UNSCEAR 2008.  Chernobyl accident occurred 1986 this kind of the slide available more than 20 years later, because radioactive iodine to the thyroid was very much difficult to be examined and evaluated.  According to this map, average dose of children who suffered in these area was around 500 mSv.  At those exposures very, very important to consider the late effect of radiation.

スライド9 直訳:これは、UNSCEAR2008で報告されたチェルノブイリ付近の学童と中高生の甲状腺の平均推定被ばく線量の地図。チェルノブイリ事故は1986年に起こったけど、このようなスライドは20年以上後に出る。なぜなら、甲状腺への放射性ヨウ素は検査して評価するのが大変難しかったからです。この地図によると、この地域で苦しんだ子供達の平均線量は約500 mSvでした。これらの曝露では、放射線の晩発的影響を考慮するのがとてもとても大事。

スライド9 意訳:これは、UNSCEAR2008で報告された、チェルノブイリ付近の学童と中高生における甲状腺の平均推定被ばく線量を示した地図です。チェルノブイリ事故は1986年に起こりましたが、このようなデータは、その後20年以上経つまで出て来ませんでした。その理由は、放射性ヨウ素による甲状腺の被ばく量を調べるのは大変困難だからです。この地図によると、この地域で被ばくした子供達の甲状腺の平均推定被ばく線量は約500mSvでした。この被ばく量においては、放射線の晩発的影響を考慮するのが大変重要です。


スライド10




Slide 10:  According to such kinds of the data available later, and we also encountered in 1990, 1992, rapid increase of childhood thyroid cancer.  This is depict mainly the Belarussian data, age less than 14 years old, 15-19, 20-24.  Then on the year by year, the peak of the childhood thyroid cancer shifted from infant, adolescent, and young adult.  Because the target of children who developed thyroid cancer by age less than 10 years old. Especially the age less than five. Because later we realized our children drank contaminated milk just after Chernobyl accident. 

スライド10 直訳:後で出てきたそういった種類のデータによると、そして私達はまた、1990年、1992年に、小児甲状腺癌の急増に出会いました。これは主にベラルーシのデータを表し、14歳以下、15−19歳、20−24歳。そして、年が過ぎるにつれ、小児甲状腺癌のピークが乳幼児、中高生、そして青年へと移りました。甲状腺癌を発病した子供達の年齢のターゲットは10歳以下だから。特に5歳以下。なぜなら、後に、私達は、私達の子供達がチェルノブイリ事故直後に汚染された牛乳を飲んだと気づいたから。

スライド10 意訳:後に出たデータなどにより、1990年から1992年にかけて小児甲状腺癌が急増したことも分かりました。このグラフはベラルーシのデータからですが、14歳以下、15−19歳、そして20−24歳の3グループにおける甲状腺癌の発症率の推移を表しています。時の推移と共に、小児甲状腺癌発症のピークが乳幼児から中高生や青年と、もっと高い年齢に移行したのが分かります。甲状腺癌を発症した子供達の年齢は、事故当時10歳以下、特に5歳以下が多かったからです。その理由は後で分かったのですが、子供達がチェルノブイリ事故直後に、放射性ヨウ素で汚染された牛乳を飲み続けていたからなのです。


スライド11




Slide 11:  However, as I said in the previous slide for the UNSCEAR data, it is almost impossible to evaluate real thyroid dose by radioactive iodine.   Because of the half life of 8 days, it immediately disappeared.  When we entered Chernobyl in 1991, no radioactive iodine exist.  So therefore we compared the children’s incidence of thyroid cancer between age at the time of 0 to 3 years old and age after that they born just after the accident.  Very interestingly, the children who were born at the time of the accident, 0 to 3 years old, is highly prevalent of thyroid cancer. But after accident one years laters, no increase of thyroid cancer observed.  So this is another direct evidence, but indirect evidence of thyroid cancer may caused by radioactive iodine.  Fortunately, they are still living at the contamination of radioactive situations, but no increase of other significant cancers in those children.  However, in Fukushima, the people worried too much of radioactive iodine and also radioactive cesium may cause any kind of the cancer.  We deny such kind of data based on the Chernobyl, however, the public perception so-called misunderstanding prevailed entire Japan.

スライド11 直訳:しかしながら、さっきのUNSCEARデータのスライドで言ったようい、放射性ヨウ素による真の甲状腺被ばく量の評価はほぼ不可能です。半減期が8日のため、直ちに消えました。1991年にチェルノブイリ入りした時、放射性ヨウ素は存在しません。だから小児甲状腺癌の発症率を当時0歳から3歳と、その後の事故直後の誕生後の年と比べました。大変興味深いことに、事故の時に生まれた子供達、0歳から3歳は、甲状腺癌が頻繁です。しかし事故後1年後には甲状腺癌の増加は見られませんでした。だから、これはまた別の直接的証明ですが、しかし、甲状腺癌が放射性ヨウ素によって起こるかもしれない間接的証明です。幸運にも、彼らはまだ放射性状態の汚染で住んでいますが、しかし、この子供達には他の大きな癌は増加がありません。しかし、福島では、人々が放射性ヨウ素のことを心配し過ぎて、また、さらに、放射性セシウムがどんな癌でも起こすかもしれません。私達は、チェルノブイリに基づいたそういうデータを否定しますが、しかし、一般の認識、いわゆる誤解が、日本全国にはびこりました。

スライド11 意訳:しかしながら、先ほどのUNSCEARデータのスライドについて述べましたように、放射性ヨウ素による甲状腺の実際の被ばく量の評価は、放射性ヨウ素の半減期が8日のためにすぐに消えてしまうので、ほぼ不可能に近いのです。私達が1991年にチェルノブイリ入りした時には、放射性ヨウ素は既に存在していませんでした。そのために、私達は、小児甲状腺癌の発症率を、事故当時に0歳から3歳だった子供達と、事故後に生まれた子供達の間で比較しました。大変興味深いことに、事故当時に既に誕生していて0歳から3歳だった子供達では甲状腺癌の頻度が非常に高かったのです。しかし、事故後1年後に誕生した子供達では、甲状腺癌の増加は見られませんでした。故に、これは、直接的な証明ともなりますが、甲状腺癌が放射性ヨウ素によって引き起こされるという間接的な証明ともなります。この子供達はまだ放射能汚染の状況下で暮らしていますが、幸いにも、他の癌の顕著な増加はありません。しかし福島の住民は、放射性ヨウ素やまた放射性セシウムがどんな癌でも引き起こすのではないかと過剰に心配しました。そのような可能性は、私達は、チェルノブイリの知見に基づいて否定したのですが、それにも関わらず、いわゆる誤解という一般的な認識が日本全国にはびこってしまいました。


スライド12



Slide 12:  According to other joint project on the case control studies, it's also clearly shown the increase of thyroid cancer by in dose-responsibly by radioactive iodine.  These data also reconfirmed by United States and Belarus and United States-Ukranian cohort project recently.  This is really important  to understand the dose-responsiveness of how much they received thyroid dosing.

スライド12 直訳:ケース・コントロール研究の他の共同プロジェクトによると、甲状腺癌の増加は、明らかに放射性ヨウ素の線量責任的に表されています。これらのデータは、米国とベラルーシ、そして米国とウクライナのコホート研究によって最近確認されました。どれだけの甲状腺量を受けたかということの線量反応性を理解すること、これは、本当に大切です。

スライド12 意訳:他のケース・コントロール共同研究によると、甲状腺癌が放射性ヨウ素の線量反応的に増加するのが明らかにわかります。このようなデータは、近年、米国・ベラルーシ、そして米国・ウクライナのコホート研究によって確認されています。甲状腺被ばく量の線量反応性を理解することは本当に大切です。


スライド13




Slide 13:  Compared to the Chernobyl datas and in upper panels, I mentioned averaged in doses of about 500 mSv thyroid dose.  In Japan, fortunately, just after the accident, March 24th to 30, 180 children were measured directly by NaI counters, and almost all were less than 1 mSv.  So this is very good news.  However, this is too small number of the childrens.  We need carefully to follow those who were evacuated from the Fukushima area.

スライド13 直訳:チェルノブイリのデータと比べて上のパネルでは、約500 mSvの甲状腺被ばく量の線量に平均したと言及しました。日本では、幸運にも、事故後間もなくの3月24日から30日に、180人の子供達がヨウ化ナトリウムカウンターで直接測定されましたが、ほとんど全員が1 mSv以下でした。だから、これはとても良いニュースです。しかし、この子供達の数は少な過ぎます。福島から避難させられた子供達を注意深く追跡する必要があります。

スライド13 意訳:このスライドの上の方のチェルノブイリのデータをご覧下さい。先ほど申しましたように、チェルノブイリでの甲状腺被ばく量は平均して500 mSvほどでした。日本では、事故後間もなく、3月24日から30日の間に、180人(訳者注:1,080人を言い間違えている。)の子供達がヨウ化ナトリウムカウンターによる甲状腺被ばく量測定を受けましたが、幸運にもほとんど全員の被ばく量が1 mSv以下でした。これは、とても良いニュースです。しかし、このサンプルサイズは小さ過ぎます。福島から避難さされた子供達を注意深く追跡調査する必要があります。


スライド14



Slide 14:  And also another important factor is iodine concentration in the thyroid.  Fukushima and Chernobyl is completely different.  In land of Chernobyl are chronically iodine deficient areas and then received radioactive iodine.  However, Fukushima is already saturated, compared to the Fukushima, such kind of thyroid iodine dose.  So iodine also another important factor.  Unfortunately in Japan, such kind of the iodine thyroid-blocking was not effectively administrated by the Japanese government.  However, the doses are so small.  So we don’t need to worry too much about radioactive iodine to the thyroid gland.

スライド14 直訳:そして、また別の重要な要因は甲状腺でのヨウ素濃度です。福島とチェルノブイリは全く異なります。チェルノブイリの土地では慢性的にヨウ素が欠乏している地域があり、そしてそれから放射性ヨウ素を受け取りました。しかし、福島では福島に比べて、そのような種類の甲状腺ヨウ素線量で、既に飽和しています。なのでヨウ素はまた別の重要な要因です。あいにく日本では、そのような種類のヨウ素の甲状腺ブロッキングは、日本政府により効率的に投与されませんでした。しかし、線量はとても小さいです。だから、甲状腺への放射性ヨウ素はあまり心配しなくてもよいのです。

スライド14 意訳:そして、また別の重要な要因は甲状腺におけるヨウ素の濃度ですが、福島とチェルノブイリでは全く状況が異なります。チェルノブイリの土壌は慢性的にヨウ素が欠乏していますが、そこに放射性ヨウ素が降下しました。しかし、福島の土壌は、福島の住民のヨウ素による甲状腺被ばく量と比較して、既にヨウ素で飽和されています。(訳者注:この文章は、いくら意訳しても意味が通じない。おそらく言いたい事は、「チェルノブイリと比較して、福島の土壌はヨウ素で飽和しており、人々の体内でヨウ素が欠乏していないために、放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれる可能性が低い」ということだと思われる。)あいにく日本では、安定ヨウ素剤の投与による甲状腺ブロッキングは、日本政府によって効率良く実施されませんでした。しかし、放射性ヨウ素による被ばく線量は大変小さいので、甲状腺被ばくに関しては、あまり心配する必要がありません。(訳者注:このスライド14の表では、土壌におけるヨウ素濃度〈右軸〉と安定ヨウ素剤投与の有無〈左軸で上が無し、下が有り〉の異なる条件下における甲状腺癌のリスクが表されている。)


スライド15


Slide 15:  According to the three countries including Belarus, Ukraine and Russia, same tendency of increase of child thyroid cancer are reported.  The different age group, children, adolescent and young adult.  Three countries summarized also showed now the peak of the thyroid cancers were shifted from children, to adolescent and finally recently to the adult.  Even one-time exposure just after the Chernobyl accident, the risk has continued especially for the younger children.  We need to clarify the mechanisms of biological effects of this kind of the radiation-induced thyroid cancers.  

スライド15 直訳:ベラルーシ、ウクライナとロシアを含む三ヶ国によると、子供甲状腺癌の増加の同じ傾向が報告されています。違う年齢グループ、学童、中高生と青年です。三ヶ国まとめたものは、また、今は甲状腺癌のピークが学童から中高生に、そして最終的には青年に移ったのを示しました。チェルノブイリ事故直後に一度被ばくをしただけで、特に小さな子供にとって、リスクは続きました。このような種類の放射線被ばく由来の甲状腺癌の生物学的影響のメカニズムを解明する必要があります。

スライド15 意訳:ベラルーシ、ウクライナとロシア三ヶ国のデータによると、学童、中高生と青年という異なる年齢グループそれぞれにおける小児甲状腺癌の増加の傾向は、三ヶ国で同様のパターンが見られます。また、三ヶ国をひとつのグラフにまとめると、甲状腺癌のピークが、最初は学童と中高生に見られ、それが最終的には青年に移行したのが分かります。チェルノブイリ事故直後に一度の被ばくをしただけで、特に小さな子供における甲状腺癌のリスクが続いたということです。このような放射線被ばく由来の甲状腺癌の、生物学的影響のメカニズムを解明する必要があります。


スライド16



Slide 16:  In conclusion of the good radiation epidemiological studies indicated the several important point, especially dose-response relationship between 100 mSv up to 2,000 mSv. Especially younger age is at the exposure is a risk factors.  Latency occur, probably from 4 to 5 years even in childrens.  Iodine deficiency increases the risks.  And below 100 mSv it’s very hard to detect any increase of thyroid cancer.  No increase in cancer incidence in population with less than based on 100 mSv the past 25 years.  Besides this kind of the Chernobyl children’s datas, emergency workers data suggest less than 150 mSv, there are no increase in cancer incidence.  This is exactly we learn from Chernobyl.  However, Fukushima, very difficult even we are using this kind of the evidence, a fact, but people cannot accept this kind of the data.

スライド16 直訳:良い放射線疫学研究の結果では、特に100 mSvと2000 mSvまでの間の線量反応関係の、いくつかの重要なポイントが示されました。特に被ばく時の若い年齢はリスク要因です。潜伏期は起こり、子供でさえもおそらく4−5年です。ヨウ素欠乏症はリスクを増やします。そして100 mSv以下では、甲状腺癌の増加を見つけるのはとても困難です。100 mSvに基づいた以下での集団の発癌率に過去25年間で増加はありませんでした。このような種類のチェルノブイリの子供のデータの他に、緊急時作業員のデータは、150 mSv以下で発癌率の増加がないと示唆します。これがまさに私達がチェルノブイリから学んだ事です。しかし、福島はとても難しく、私達がこのような証明、すなわち事実を使っても、住民はこのようなデータを受け入れられません。

スライド16 意訳:優れた放射線疫学研究によると、被ばく線量と発癌の相対リスクについていくつかの重要なポイントが結論として導き出されていますが、特に大切なのは100 mSvから2000 mSvまでの線量では、線量反応関係が見られるということです。特に、被ばく時の年齢が若いことはリスク要因です。そして発癌までの潜伏期がありますが、これは、子供においてさえも多分4−5年です。ヨウ素欠乏症は甲状腺癌の発癌リスクを高めます。そして100 mSv以下では、甲状腺癌の増加を少しでも検知するのは非常に難しいです。過去25年間に、被ばく線量が100 mSv以下の集団において発癌率に増加は見られませんでした。チェルノブイリでは、このような子供のデータ以外に緊急時作業員のデータがありますが、それによると、150 mSv以下の被ばく線量では発癌率に増加がないと示唆されています。このようなことを私達は実際にチェルノブイリの経験から学んだわけです。しかし、福島では、私達がこのような、事実である証明を提示しても、住民がデータを受け入れることができないという、非常に困難な状況にあります。


スライド17




Slide 17:  On the basis of the Chernobyl Thyroid Tissue Banks, we also categorizing what is the direct signature or relationship between radiation exposure and thyroid carcinogenesis. 1998 to 1999 we have established that kind of the Chernobyl Tissue Bank together with Russia, when originally Belarussian involved, but now it flopped.  So now we have collected more than 3,000 cases of thyroid diseases in this tissue banks.   Using this tissue bank, we are now analyzing pathological and clinical characteristic of Chernobyl papillary thyroid cancers in comparison with spontaneous thyroid cancer.

スライド17 直訳:チェルノブイリ甲状腺組織バンクに基づいて、私達は、また、放射線被ばくと甲状腺の発癌現象との直接的なシグネチャ(識別特性)か関連性が何かを分類している。1998年から1999年に、そのような種類のチェルノブイリ組織バンクをロシアと一緒に設立し、その時はベラルーシ人も元々関与してましたが、今は失敗に終わりました。だから、今、3000以上の甲状腺疾患の症例をこの組織バンクで集めてあります。この組織バンクを使って、私達は今、チェルノブイリの甲状腺乳頭癌の病理学的および臨床学的特徴を、散在性の甲状腺癌と比較して分析しています。

スライド17 意訳:チェルノブイリ甲状腺組織バンクでは、放射線誘発性の甲状腺癌における直接的なシグネチャ遺伝子は何か、そして放射線被ばくと甲状腺の発癌現象の関連性は何か、ということを分類しています。1998年から1999年にかけて、私達は、ロシアと一緒にチェルノブイリ組織バンクを設立しました。当初はベラルーシも関与していましたが、今では参加していません。現在、この組織バンクには、3,000症例以上の甲状腺疾患の組織が集められています。私達は現在、この組織バンクを使って、チェルノブイリの甲状腺乳頭癌の病理学的および臨床学的特徴を、自然発生の甲状腺癌と比較して分析しています。


スライド18



Slide 18:  Very much difference exists on the pathological finding of Chernobyl-related papillary thyroid cancer as it’s closely related age dependences.  Young children has very unique papillary thyroid cancers histologically in comparison with other papillary thyroid cancers.  We learned a lot of things: time-related trends of childhood thyroid cancers and age-related trend of thyroid cancer.  However, a risk of thyroid cancer such as recurrences are a lot different between two groups, spontaneous-occurring and radiation-induced thyroid cancer.  This kind of the hint also gave us a very important position when we started Fukushima health medical survey programs including thyroid ultrasound examination in children in Fukushima.

スライド18 直訳:チェルノブイリに関連する甲状腺乳頭癌は綿密に関連した年齢依存性として、その病理学的所見には大きな違いがあります。小さな子供達は、他の甲状腺乳頭癌と比べて組織学的に大変独特な甲状腺乳頭癌を持ちます。私達は多くの事を学びました。小児甲状腺癌の経年傾向や甲状腺の年齢別傾向などです。しかし、再発などの、甲状腺癌のリスクは、自然発生と放射線誘発性の甲状腺癌の2つのグループではかなり違います。こういう種類のヒントは、私達が福島で、子供達の甲状腺超音波検査を含む福島健康医学調査を開始した際に、大変重要なポジションを与えてくれました。

スライド18 意訳:チェルノブイリ事故後に発生した甲状腺乳頭癌の特徴は、年齢と密接に依存しており、その病理学的所見も年齢によってかなり異なります。小さい子供における甲状腺乳頭癌は、他の年齢における甲状腺乳頭癌と比べると、組織学的に特有です。小児甲状腺癌の経年傾向や甲状腺癌の年齢別傾向などの多くの事が分かりました。しかし、自然発生の甲状腺癌と放射線誘発性の甲状腺癌の2つのグループでは、再発などのリスクに大きな違いがあります。このようなヒントは、福島県で、甲状腺超音波検査を含む県民健康管理調査を開始した際に、とても重要な手がかりとなりました。


スライド19




Slide 19:  As you may know, the mechanism of thyroid cancer now clearly characterized using the different genetic abnormality.  Mainly papillary thyroid cancer occur in the pathway somewhere from RET-RAS-BRAF-MEK-ERK MAP kinase activities are over-activated by somewhere the point of mutation or rearrangement.  This is very unique case to learn the mechanisms of papillary thyroid cancer carcinogenesis.

スライド19 直訳:ご存知かもしれませんが、甲状腺癌のメカニズムは今では色々な遺伝子異常を用いて明白に特徴づけられます。主に、甲状腺乳頭癌は、RET-RAS-BRAF-MEK-ERKの経路のどこかで起こります。MAPキナーゼが、点突然変異か遺伝子再配列のどこかで過剰に発現されます。これは甲状腺乳頭癌の発癌現象のメカニズムを学ぶのに大変独特なケースです。

スライド19 意訳:ご存知かもしれませんが、甲状腺癌の発癌メカニズムは、現在では、様々な遺伝子異常によって明白に説明されています。甲状腺乳頭癌は、主に、MAPキナーゼが点突然変異か遺伝子再配列のどこかで過剰に発現された時に、RET-RAS-BRAF-MEK-ERKの経路のどこかで発生し得ます。これは、甲状腺乳頭癌の発癌現象のメカニズムにおいて、独特のことです。


スライド20




Slide 20:  We also clearly find, through the mutational events, the time different, from the Chernobyl, what kind of the genetic abnormality exists in Chernobyl.  I show in the left panel the latency is very clearly occurred.  Difference of characteristic of the Chernobyl thyroid gene abnormality, such as the first younger children’s and shorter latencies predominantly express rearrangement of  RET/PTC3 and RET/PTC1.  This is a gene arrangement and just by DNA double-strand breaks.  However longer latencies and also older age showed a high frequency of BRAF point mutation.  Even the same type of papillary thyroid cancer, genetic background are completely different between two groups, children and adults papillary thyroid cancer. Similar tendency also opens up in Japanese A-bomb survivors, reported by RERF.  So this is also very important to seek for the mechanisms of radiation-induced carcinogenesis.  

スライド20 直訳:また、チェルノブイリと異なる時の突然変異の事象を通し、どんな種類の遺伝子異常がチェルノブイリに存在したかが明らかにわかります。左のパネルでは、潜伏期があきらかに起こるということを示します。チェルノブイリの甲状腺遺伝子異常の特徴の違いは、最初の幼い子供達の短い潜伏期は主にRET/PTC3とRET/PTC1の遺伝子再配列を表します。これはDNA二重鎖切断のみによる遺伝子配列です。しかし長い潜伏期とまた年齢の増加は、また、BRAF点突然変異を高頻度で示しました。同じ種類の甲状腺乳頭癌でも、子供と成人の甲状腺乳頭癌の2つのグループの間では、遺伝子背景が全く異なります。同様の傾向は、また、放影研によって報告されているように、日本の原爆被爆者でも明らかになります。だから、放射線誘発性の発癌現象のメカニズムを探し求めること、これはまた大変重要です。

スライド20 意訳:また、チェルノブイリでの突然変異事象を時間の推移と照らし合わせて見ますと、チェルノブイリでどのような遺伝子異常が存在するのかがわかります。このスライドの左側の図表で見られますように、チェルノブイリでの甲状腺癌における遺伝子異常の特徴は潜伏期の長さによって異なります。例えば、上のグラフの一番最初の0−14歳の子供達のカーブ線をご覧頂きますと、潜伏期が短い場合には主にRET/PTC3とRET/PTC1の遺伝子再配列を表しているのが分かります。これは、DNA二重鎖切断のみによる遺伝子再配列です。(訳者注:DNA二重鎖切断「のみ」と山下氏は述べているが、DNA切断と組み替え,再結合が起きないと再配列は起きないだから、「のみ」と言及している意味がわからない。)しかし、潜伏期の長さと年齢の増加と共に、BRAF点突然変異の頻度が高くなりました。子供と成人においては、例え同じタイプの甲状腺乳頭癌であっても、遺伝的背景は全く異なるのです。また同様の傾向は、放影研のデータによりますと、日本の原爆被爆者でも見られています。だから、放射線誘発性の発癌現象のメカニズムの探究というのもまた、大変重要なのです。


スライド21



Slide 21:  However, the same radiation exposed for those children, only a small part of those children occur thyroid cancer.  Majority of the children never occur thyroid cancer.  So we have focused on two qualifying molecular epidemiological studies on thyroid cancer are shown in this slide.  We collected nearly 1,000 childhood thyroid cancer samples, it’s a blood, with each bar indicates approximately 30 persons exists in these areas, Belarus, Ukraine and Russian Federation, together with controls in same areas.  We collected more than 1,000 cases and more than 1,000 control cases.  

スライド21 直訳:しかし、同じ放射線がこれらの子供達に対して曝露されても、これらの子供達の小さな部分だけが甲状腺癌を発生します。ほとんどの子供は甲状腺癌を発生しません。だから、私達は甲状腺癌についての2つの限定的な分子疫学的研究に焦点を当てましたが、このスライドに写っています。小児甲状腺癌の検体を1,000あまり集めましたが、それは血液で、ひとつの線は、これらのベラルーシ、ウクライナとロシア連邦の地域に、同じ地域のコントロール群と一緒に約30人の人が存在するのを示します。1,000以上の症例の検体と、1,000以上のコントロール群の検体を集めました。

スライド21 意訳:しかし、同じ程度の放射線被ばくを受けても、子供達の中で甲状腺癌を発症するのはほんの一部分です。子供達の大部分は、甲状腺癌を発症しません。このスライドでは、甲状腺癌についての適切な分子疫学的研究の2つに焦点を当てました。地図上の丸がついた短い線は、ひとつが約30人を示します。この、ベラルーシ、ウクライナとロシアにまたがる地域の1,000人の甲状腺癌の患者と、また同地域の1,000人のコントロール群からも血液検体を集めました。


スライド22




Slide 22:  And then GWAs indicated very clear tendencies of cancer-susceptibility genes, and this FOXE1 chromosome 9.  This is FOXE1, a thyroid-specific transcription factor 2.  And also we confirmed other related genes.  Interestingly, those genetic background SNPs abnormalities highly expressed in Chernobyl thyroid cancer.  

スライド22 直訳:そして、それから、GWASが癌感受性遺伝子のとても明らかな傾向を示し、そしてこれ、FOXE1、 9番染色体。これは、FOXE1で、甲状腺転写因子2です。そして、また、他の関連した遺伝子も確認しました。興味深いことに、これらの遺伝子背景のSNP(一塩基多型)の異常はチェルノブイリの甲状腺癌での発現率が高いです。

スライド22 意訳:そしてGWASにより、9番染色体のFOXE1遺伝子という癌感受性遺伝子が、甲状腺癌に関連している傾向が明らかになりました。これはFOXE1遺伝で、甲状腺特異的転写因子2です。また、他の遺伝子の関連も確認されました。興味深いことに、遺伝子背景におけるこのようなSNP(一塩基多型)の異常は、チェルノブイリの甲状腺癌での発現率が高いのです。


スライド23




Slide 23: Our final analysis is clearly indicates a big difference between cases and controls, control now nearly 2,000 cases.

スライド23 直訳:私達の最終分析は明らかに、患者とコントロールの間に大きな違いがあるのを示し、コントロールは今はほぼ2,000件。

スライド23 意訳:私達の研究の最終分析では、甲状腺癌の患者と、最終的に2,000を超えたコントロール群との違いが明らかに示されました。


スライド24




Slide 24:  We have reported already 2010 this type of the FOXE1 is a major genetic determinant for radiation-related thyroid cancer in Chernobyl.  Of course, those children who develop thyroid cancer carried not only radiation-specific SNP types but also sporadic SNP types were overlapped in two groups.  Not only radiation but also genetic susceptibility of thyroid carcinogenesis based on the common genetic background are very important in addition to environmental factor such as radiation.

スライド24 直訳:私達は2010年に既にこのタイプのFOXE1遺伝子がチェルノブイリの放射線誘発性の甲状腺癌の主な遺伝的決定基だと報告しました。もちろん、これらの、甲状腺癌を発症する子供達は、放射線特有のSNPタイプを持っていただけでなく、また、散発性のSNPタイプも2つのグループで重複していました。共通の遺伝的背景に基づいた甲状腺癌の発癌現象の放射線だけでなく遺伝的感受性も、放射線のような環境要因に加え、大変重要です。

スライド24 意訳:私達は、2010年には既に、このFOXE1遺伝子がチェルノブイリでも放射線誘発性の甲状腺癌においての主な遺伝的決定基だと報告しています。もちろん、甲状腺癌を発症した子供達は、放射線特有のSNPタイプだけでなく散発性のSNPタイプを重複して持っている場合もありました。共通の遺伝的背景において、甲状腺癌の発癌現象では、放射線のような環境的要因に加え、遺伝的感受性も大変重要なのです。


スライド25 




Slide 25:  So we now then concentrated on the other population, not only European people but also Japanese people.  Similar tendencies of this SNPs abnormality exist thyroid carcinogenesis FOXE1.  So now we know, realize the FOXE1 is one of the candidate gene for thyroid carcinogenesis.  This is also very unique finding to follow extensively to the Fukushima area.

スライド25 直訳:そこで、私達は、今、他の集団、ヨーロッパ人だけでなく日本人にも集中しました。このSNP異常の同様の傾向が甲状腺癌発癌FOXE1に存在。だから、今は、私達は、FOXE1が甲状腺癌の発癌の候補遺伝子のひとつであると知る、認識するのです。これはまた、福島地域へと広く追跡する、大変独特の所見でもあります。

スライド25 意訳:そこで次は、ヨーロッパだけでなく日本の他の集団も集中して調べました。このSNP異常であるFOXE1は、甲状腺癌の発癌において、他の集団でも同様に存在していました。これから、FOXE1が、甲状腺癌の発癌遺伝子の候補のひとつであると分かりました。これは大変独特の所見であり、福島県でも広く追跡していくべきものです。


スライド26



Slide 26:  Now the second part of my presentation I would like to concentrate on Great East Japan Earthquakes.  Just two years ago it happened.  Earthquake, tsunami, and nuclear power plant accident.  It’s really multidimensional disaster in Fukushima.  In Fukushima, among 20,000 were killed by the Great East Japan Earthquake, 1,600 died and 202 missing in Fukushima.  In addition, more than 1,000 dead were disaster-related deaths.  It means during evacuation time or after evacuated time.  Even though there were no acute radiation injury, there were deaths due to evacuation.  It’s really sad situation.   And how to prepare for the medical response are also very important to think about this kind of the disaster-related death.

スライド26 直訳:今から、私の講演での2番目で、私は東日本大震災(複数形で)に集中したいと思います。ほんの2年前に、それは起こりました。地震、津波、そして原子力発電所事故。それは本当に、福島での多元的災害です。福島で、東日本大震災で亡くなった20,000人の内、福島では1,600人が亡くなり、202人が行方不明です。また、1,000人以上の死者は、災害に関連した理由で亡くなりました。それは、避難時か避難後という意味です。急性被ばく症はなかったけれど、避難による死者がいました。それは本当に悲しい状況です。そして、医療対応に対してどのように準備するかというのは、また、この種類の災害関連死をについて考えるのがとても大切です。

スライド26 意訳:それでは、今から、この3部構成の講演の第2部に入り、東日本大震災についてお話したいと思います。ちょうど2年前の出来事でした。地震、津波、そして原子力発電所事故。それは本当に福島においての多次元的災害でした。(訳者注:意訳をしても、山下氏がこういう認識だというのは変えられない。)東日本大震災で亡くなられた20,000人の方達のうち、福島県の死者数は1,600名、行方不明者は202名でした。また、1,000人以上の方が、避難時か避難後に亡くなったという、災害に関連した理由で亡くなられました。急性被ばく症による死者はおりませんでしたが、避難そのものによる死者がいたと言うことです。大変、残念なことです。医療対応の準備をするにあたり、このような災害関連死を考慮するというのは、とても重要なことです。


スライド27



Slide 27:  As all you know, Fukushima Dai-ichi nuclear power plant has completely lost the electricity by tsunami.  Fortunately, after earthquake everything had stopped.  So we failed to continuous cooling without any electricity back-up. 

スライド27 直訳:ご存知のように、福島第一原子力発電所は津波によって完全に電源を失いました。幸い、地震の後で全てが止まりました。なので、バックアップ電源なしに冷却し続けることに失敗しました。

スライド27 意訳:皆様もうご存知かと思いますが、福島第一原子力発電所は津波によって完全に電源を失いました。幸い、地震の後で原子炉は全部自動停止しました。しかし、バックアップ電源さえも失ったために、原子炉を冷却し続けることができませんでした。


スライド28




Slide 28:  Japanese government ordered immediately evacuation and sheltering.   According to this slide, March 11, March 12, March 15, going to 3km, then 10km, from 10km to 20km even after they wanted and the value is 20 km.   Between 20-30 km were indoor, house evacuated were recommended on March 15.  Then we received massive fallout from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant.

スライド28 直訳:日本政府は、直ちに避難と屋内待機を指示しました。このスライドによると、3月11日、3月12日、3月15日、3kmに行き、そして10km、望んだ後でさえも10kmから20km、そして数字は20kmです。20kmから30kmの間は、屋内でした。家屋避難は3月15日に推奨されました。そして、福島第一原子力発電所から大量のフォールアウトを受けました。

スライド28 意訳:日本政府は、直ちに避難と屋内待機の指示を出しました。このスライドでご覧頂けますように、避難区域は3月11日に3km圏内の指示が出され、それが3月12日に10km圏内になり、同日さらに、10km圏内から20km圏内に拡大され、最終的には20km圏内でとどまりました。20kmから30km圏内は、3月15日に屋内待機の指示が出されました。そして、福島第一原子力発電所から大量のフォールアウトが起こったのです。


スライド29




Slide 29:  And then eventually the areas are contaminated as shown in this slide.  Airborne monitoring April 29th, and also monitoring points were shown in this slide μSv. Red one showed more than 19 μSv/h, blue one less than 1 μSv/h.  This situation is not continuing.  And two years later the accident, very fortunately, almost half levels of each, because of the radioactive cesium 134 very slowly influenced in the half-life of 2 years.  So therefore almost half level from the beginning airborne monitoring data are decreased in Fukushima.

スライド29 直訳:そして、それから、最終的に、このスライドで示されているように、地域が汚染されています。航空機モニタリング、4月29日、そしてまた、モニタリングポイントはこのスライドで示されました。μSv。赤いのは19μSv以上、青いのは1μSv以下。この状況は続いていません。そして、事故の2年後、大変幸運なことに、それぞれほとんど半分位。なぜなら、放射性セシウム134は2年の半減期でとてもゆっくりと影響されるから。だから、すなわち、初めの航空機モニタリングデータから、ほぼ半分が福島県では減っています。

スライド29 意訳:最終的にフォールアウトにより汚染された地域は、このスライドでご覧頂けます。左は4月29日付けの航空機モニタリング地図で、右の地図では地上1mのモニタリングポイントでの測定値が表示されており、単位はμSvです。左の地図では、赤の表示は19μSv以上、青の表示は1μSv以下の地域を示します。(訳者注:山下氏は、μSv/hを意味していると思われるが、実際に言及したのはμSvだったので、そのまま訳した。)しかし、現在この汚染度が持続されているわけではありません。事故から2年経った今、大変幸運なことに、放射性セシウム134の半減期が2年なので、セシウムはどちらもほぼ半分しかのこっていません。故に、福島県では、最初の航空機モニタリングデータと比べて、数値はほぼ半分に減っています。(訳者注:山下氏が言及したまま訳したが、文面からすると、セシウム134もセシウム137も2年で半分になったと思っているようである。)


スライド30

Slide 30: This nuclear reactor accident is not horrific disaster.  It’s exactly industrial crisis and environmental damages.  And government ordered evacuation and sheltering, it worked sufficiently.  Therefore the dose exposed for the population are dramatically decreased after evacuations.  However, there are many problems exist such as nuclear worker, operational staff, and emergency response personnel also exposed to certain levels of radiation.  Since there are much concern about the levels of exposure and effects both on general public and workers, we are prepared to collect and offer further information to the world.

スライド30 直訳:この原子炉事故は、恐ろしい災害ではありません。まさに、産業危機と環境被害です。そして、政府が避難と屋内待機の指示を出し、それは十分でした。だから、避難後は、集団への被ばく量は、劇的に減りました。しかし、多くの問題が存在し、それは原子力作業員、運転スタッフや緊急対応隊員などが、また、ある程度の放射線被ばくした。一般市民と作業員両方への被ばく量と影響についての懸念が大きいので、私達は、さらに情報を集めて世界に提示する準備ができています。

スライド30 意訳:この原子炉事故は、ただの恐ろしい災害なのではなく、まさに産業危機とそれに伴う環境被害なのです。政府が避難と屋内待機について十分な指示を出したので、住民の被ばく量は、避難後には劇的に減りました。しかし、原子力作業員、運転スタッフや緊急対応隊員の方達もまた、ある程度の被ばくをされたため、多くの問題があります。一般市民と作業員の方々両方の被ばく量や放射線被ばくによる健康影響について多くの懸念がございますので、私共と致しましては、さらに情報収集を致しまして、世界に発信したいと思っております。


スライド31



Slide 31:  Public concern is major issues.  They worry about long-term health effect of radioactive contamination.  Especially they are sparking anger, anxiety and distrust toward the government handling, even we experts are targeted from the public and the mass media.  Bans of food shipments from contaminated areas, too much anxiety about food safety are ruining farmers’ livelihoods and raise another concerns about their ability to resume their livelihoods. The role of experts and academic societies are important but reliabilities and credibility both were lost by confusion and misunderstanding partly due to an inappropriate and immature media literacy.

スライド31(ほとんどスライド内の文章を読んだだけなので、直訳も意訳もほぼ同じ):一般市民の懸念は大きな問題点です。一般市民は、放射能汚染の長期的な健康影響について心配しています。特に政府の処置に対して、怒り、不安と不信用の火花を散らしていて、私達専門家でさえも一般市民とマスメディアの標的となっています。汚染区域からの食品の出荷禁止と食品の安全に関しての過剰な心配が、農家の人々の生活を台無しにし、彼らが生活を立て直すことを困難にしているまたひとつの懸念となっています。専門家と学術学会の役割は大事ですが、信頼度と信憑性両方が、不適切で未熟なメディアリテラシーのためにある程度生じた混乱と誤解によって失われたのです。


スライド32




Slide 32:  I was dispatched March 18, one weeks after the accident here in Fukushima Medical University.  They worked very hard to support the evacuees.  But, the bed is about 800, the staff is more than 100-1,500,  They were very much concerned and afraid, almost they are also escaping from this university, 60 km distance from the Fukushima Dai-ichi.

スライド32 直訳:私は、ここ、福島県立医科大学での事故後1週間の3月18日に、派遣されました。彼らは、避難者のサポートのためにとても頑張りました。しかし、ベッドは約800で、スタッフは100人から1,500人以上です。彼らは、とても心配して怖がっていました。もうすぐで彼らもまた、福島第一から60kmの距離であるこの大学から逃げているのです。

スライド32 意訳:私は、事故から一週間経った3月18日に、ここ、福島県立医科大学に派遣されました。病院のスタッフは、避難者のサポートのためにとても頑張りました。福島県立医科大学の大学病院のベッド数は約800で、スタッフは1,500人以上います。スタッフもとても心配して怖がっており、福島第一から60kmの距離も離れているというのに、もう少しで大学から逃げようとしていました。


スライド33




スライド34



Slide 33-34:  So we worked together with them to respond to earthquake and tsunami victims, and also large-scale patient transfer and also screen the people who were received radiation fallout.  There were many rooms for improvement, however, the medical staff even Self-Defense or the firemen and policemen worked very, very much hard from the beginning.

スライド33−34 直訳:なので、私達は、病院のスタッフと共に、地震と津波の被害者、大規模な患者の転院と、また、放射能フォールアウトに受けられた人達のスクリーニングの対応をしました。改善の余地は多くありましたが、しかし、医療スタッフ、自衛隊、消防隊員や警察官でさえも、最初からとてもとても頑張って働きました。

スライド33−34 意訳:そこで、私達は、病院のスタッフと共に、地震と津波の被害者の対応に努め、また、大規模な患者の転院、そしてさらに、放射能フォールアウトを受けた人々のスクリーニングにも対応しました。改善の余地は多くありましたが、それでも、医療スタッフだけでなく、自衛隊員、消防隊員や警察官さえも、最初から大変頑張って業務に従事しました。



スライド35


Slide 35:  And finally, this kind of the map are shown entire Japan, mainly focusing on Fukushima and the neighboring prefecture.

スライド35 直訳:そしてついに、このような種類の地図が日本全体で示されていて、主に福島と隣のその県に焦点を当てています。

スライド35 意訳:最終的に、このような地図に、主に福島県と近辺の県等に焦点を当てつつ、日本全体が表されています。(訳者注:この地図は日本全体ではないのだが、山下氏が「日本全体」と言ったのでそのまま訳した。)


スライド36




Slide 36:  Now the targeted area around 30 km zone.  Within 20 km we call “Restricted Area.” But even the west and north areas from the Namie to Iitate-mura we call “Deliberate Evacuation Areas.”  Also the people evacuated from these contaminated areas.

スライド36 直訳:今は、ターゲット地域は30キロ圏周辺。20キロ以内は私達は「警戒区域」と呼びます。しかし、浪江から飯舘村への西と北の区域さえ、私達は「計画的避難区域」と呼びます。また、その人々は、これらの汚染区域から避難しました。

スライド36 意訳:現在では、30キロ周辺がターゲット区域となっています。(訳者注:何の「ターゲット」なのか明確でないが、後にもtarget operationsという山下氏独自の造語で県民健康管理調査の調査対象を表現したりしていることから推測すると、福島県を山下氏管轄下の研究区域とし、「ターゲット」と言う言葉に研究標的とする強い意味合いが伺える。20キロ圏内は、「警戒区域」と呼ばれます。しかし、北西に向かう浪江町から飯舘村の区域さえ、「計画的避難区域」と呼ばれます。住民は、この計画的避難区域である汚染区域からも避難しました。


スライド37



Slide 37:  According to the preliminary data by WHO, their estimated last May, how much they received in population in Fukushima.  This is very conservative and theoretical data from people who were continuously residing first four months and then eating contaminated food. It’s very much theoretical, not far beyond the reality to the public.  And this is very important to consider how much they received the dose.  Simultaneously Fukushima plant workers also measured in this type of the studies.  More than 200 mSv received workers exists.  This is really important target for long-term health monitoring especially needed for those people.

スライド37 直訳:WHOの予備的データによると、彼らが福島の集団でどれだけ受け取ったかを去年の5月に推定しました。これは、最初の4ヶ月に住み続け、汚染された食物を食べ続けた人々からのとても保守的で理論的なデータです。大変理論的であり、一般市民への現実をあまり超えていません。そしてこれは線量どれだけ受けたかを考慮するのにとても大事です。同時に、福島プラント作業員もまたこのタイプの研究で測定されました。200mSv以上が受け取った作業員が存在します。これは、それらの人々に特に必要な長期の健康モニタリングへの本当に大事なターゲットです。

スライド37 意訳:2012年5月に発表されたWHOの予備的推定被ばく線量のデータでは、福島の住民がどのくらい被ばくしたかが推定されました。この推定被ばく線量は、事故後の最初の4ヶ月間にそこに住み続け、汚染された食物を食べ続けたことを考慮した、とても保守的で理論的なデータです。大変理論的で、住民の現実にそぐうものです。被ばく量がどれほどだったのかを考慮するのは、大変重要です。また同時に、福島第1原発の作業員の被ばく量も推定されました。作業員の方達の中には、200 mSv以上の被ばく量を受けた方もいらっしゃいます。この200 mSvというのは大変重要なターゲットとなり、長期的な健康モニタリングは、このように200 mSv以上を被ばくした方達のために特に必要となります。


スライド38


Slide 38:  Now in Fukushima are categorized these areas.  Restricted Area about 77,000 evacuate.  Deliberate Evacuation Area is about 10,000.  Evacuation Prepared Area, 26,000.  A total about 113 are evacuated in these areas.  Besides these areas, within 30 km, total 210,000 are evacuated.  So this is very big serious problem in Fukushima.  Fukushima Prefecture’s entire populations is 2 million.  So about 10% are relocated to whatever places in Fukushima Prefecture.

スライド38 直訳:今、福島では、これらの区域が分類されています。警戒区域、約77,000 人が避難する。計画的避難区域は約10,000人。緊急時避難準備区域、26,000人。合計約113人がこれらの区域に避難さされています。これらの区域の他に、30キロ圏内では、合計210,000人が避難しています。なので、これは福島県で、とても大きな真剣な問題です。福島県の全人口は200万人です。だから、約1割が福島県のどこかに移住しています。

スライド38 意訳:現在、福島県における避難区域は、このように分類されています。警戒区域からは約77,000人が避難しています。計画的避難区域からは約10,000人、近畿有事避難準備区域からは26,000人が避難しています。これらの区域からは、合計113人(訳者注:実際には113人と言及されてましたが、113,000人と言いたかったのだと思います。)が避難しています。30キロ圏内では、これらの避難区域以外からも避難者がいて、合計で21万人が避難しています。これは福島県においてとても大きく重篤な問題です。福島県の全人口は200万人なので、約1割が福島県のどこかに移住したことになります。


スライド39



Slide 39:  So we are now facing a very difficult part, how to countermeasure, how to work together with them.  Today I skip plant workers, emergency responder, we only concentrate on residents who were evacuated but still staying in Fukushima.  They receive chronic low-dose and also they are everyday exposed to stress/fear for risks.  Unfortunately, there are shortages of education, still communication very difficult, still information never realized as accurate sources, and also many rumors of image of negative contamination are prepared in these areas.

スライド39 直訳:そこで私達は今、とても難しい部分に直面しています。どうやって対策するか、とうやって彼らと一緒に働くかです。今日は、発電所の作業員、緊急隊員は飛ばし、避難したれどまだ福島に留まっている住民に集中するだけです。彼らは、慢性的な低線量を受け、また、リスクに対するストレスと恐怖に毎日曝露されています。不幸なことに、教育が足りず、まだコミュニケーションがとても難しく、まだ情報が正確なソースとして現実化しなかった。そして、また、負の汚染のイメージのたくさんの噂話が、これらの地域で準備されます。

スライド39 意訳:そこで現在私達は、どのように対応するか、どのようにこのような人達と付き合って行くかという、大変困難な部分に直面しています。今日は福島原発の作業員や緊急対応人員は飛ばし、避難したけれどまだ福島に留まっている住民のみに集中します。この住民達は、慢性的な低線量被ばくをするだけでなく、また、毎日のようにリスクに関するストレスと恐怖に晒されています。残念ながら、教育が不足しており、コミュニケーションがまだとても難しく、私達が提示する情報が正確であるとまだ分かってもらえない状況です。そしてまた、このような地域では、汚染についての否定的なイメージについて、多くの噂があります。


スライド40




Slide 40:  Fukushima disaster causes uncertain health effects, but not acute.  Really something occurred in Fukushima.  Exactly psychological, mental effects are already observed. Anxieties, anger, sleep disturbance, post-traumatic stress, so on.  Because they are still residing existing radiation dose area.  So there are no choice we must take care of those people who are suffering from this stress.  

スライド40 直訳:福島災害は、不確かな健康影響を起こしますが、しかし、急性ではありません。本当に何かが福島で起こりました。まさに、心理的、精神的影響は既に見られています。心配、怒り、睡眠の乱れ、PTSDなど。なぜなら、彼らはまだ存在する放射能線量区域住んでいる。だから、このストレスをこうむっているこれらの人達の世話をしなければ、他の選択肢がありません。

スライド40 意訳:福島原発事故による健康被害は明らかではありませんが、急性のものではありません。福島で実際に何が起こっているかというと、心配、怒り、睡眠の乱れ、PTSDなどの、まさに、心理的および精神的影響が既に見られているのです。これは住民がまだ、放射能で汚染されている区域に住んでいるからです。ストレスから苦しんでいるこの住民達の世話をする以外に選択肢はありません。


スライド41




Slide 41:  So we decided to start the Fukushima Health Management Survey programs.  Just two months after the accident, May 2011, to set up to this type of the unprecedented health management program targeting for 2 million populations for almost whole lifespan.

スライド41 直訳:そこで、私達は、福島健康管理調査のプログラムを始めることに決めました。事故後2ヶ月足らずの2011年5月に、このような前例を見ない、200万人の人々をほとんど生涯を通してターゲットとする、健康管理プログラムを設置することにしました。

スライド41 意訳:そこで、私達は、県民健康管理調査を始めることに決めました。
事故から2ヶ月足らずの2011年5月に、このような、前例をみない健康管理プログラムを設定したわけですが、これは、200万人の人達を、ほぼ生涯に渡って対象として行きます。


スライド42




Slide 42:  The design of the health management is divided to two.  A basic survey is very important to evaluate the external radiation doses the first four months and then simultaneously to give or to have services on the basis of further examination of targeted population who were evacuated mainly from the contaminated areas, around 210,000 populations.

スライド42 直訳:健康管理はデザインとして2つに分かれています。基本調査は、最初の4ヶ月間の外部被ばく線量評価にとても大事です。そしてそれから同時に、約21万人の人口の、主に汚染区域から避難した対象集団のさらなる検査に基づいてサービスをすることが、とても大事です。

スライド42 意訳:健康管理というのは、設計としては2段階に分かれています。まず、最初の段階の基本調査は、最初の4ヶ月間の外部被ばく線量評価にとても大事です。また次の段階では、それと同時に、約21万人の主に汚染区域から避難した対象集団に対して、さらに検査した結果に基づいて医療を施すことも大事です。


スライド43



                                          
Slide 43:  This slide shows outline of Fukushima Health Management Survey.  This survey we are targeting 2 million population, entire population.  And the detailed survey are divided four: thyroid ultrasound examination, comprehensive medical checkups, mental health and lifestyle survey, and then survey of pregnant women and nursing mother.  From zero we have established this type of the survey program together with Fukushima Medical University.  So therefore, our know-how from Hiroshima/Nagasaki and also from Chernobyl very much helpful for this kind of the organizations and starting of the program.  

スライド43 直訳:このスライドは福島健康管理調査のアウトラインです。この調査では、200万人の人口、全人口をターゲットにしています。そして、詳細調査は4つに分かれています。甲状腺超音波検査、総合的な医学チェックアップ、精神衛生とライフスタイル調査、そして妊娠中と授乳中の女性の調査です。ゼロから、私達は、福島医科大学と一緒に、このようなタイプの調査プログラムを設立しました。そして、だから、私達の広島・長崎とまたチェルノブイリからのノウハウが、このような組織化とプログラムの開始に大変役に立ちます。

スライド43 意訳:このスライドでは、県民健康管理調査のアウトラインをご覧ください。この調査は、福島県の全人口である200万人を対象としています。詳細調査は、「甲状腺超音波検査」、「健康診査」、こころの健康度・生活習慣に関する調査」、そして「妊産婦に関する調査」の4部門に分かれています。福島医科大学の協力の下、ゼロのスタート地点から、このような調査を構築致しました。ここで、私達の広島・長崎とさらにチェルノブイリにおけるノウハウが、このようにプログラムを計画して開始するのに大変役立ったというわけです。


スライド44




Slide 44:  Aim is very clear.  The people suffer, have anxiety and anger, have to calm down. We need to monitor for long-term health condition.  This is the message to local residents.  And then simultaneously we must scientifically and epidemiologically clarify to the low-dose long-term radiation effect on the human health.

スライド44 直訳:目標はとても明らかです。人々は苦しみ、心配と怒りを持っており、落ち着かなければいけません。長期的な健康状態をモニターする必要があります。これは、地域の住民へのメッセージです。そして、それから、同時に、科学的と疫学的に、低線量長期的放射線の人間の健康への影響に明らかにしなければいけません。

スライド44 意訳:この調査の目標は、とても明白です。住民の方達は、被害をこうむっており、不安と怒りを感じているので、落ち着かなければいけません。長期の健康状態をモニターする必要があります。これは、地域の住民へのメッセージとも言えます。また同時に、低線量の長期的な放射線被ばくの人間の健康への影響を、科学的および疫学的にはっきりとしなければいけません。


スライド45



Slide 45:  Basic survey means collect the record of the memory by the questionnaire and then analyze to the specialized airborne, environmental radiation doses together with the such kind of the questionnaire.  Very complicated.  

スライド45 直訳:基本調査というのは、問診票によって記憶の記録を集め、それから、そのような問診票と一緒に、特別な空間の環境放射線量に分析します。とても複雑。

スライド45 意訳:基本調査では、問診票による記憶の記録を集めます。その問診票を分析して、外部被ばく量としての環境空間放射線量を推計します。大変複雑な作業です。


スライド46



Slide 46:  From March 11 to July 11, we have there on the how to move, such kind of the daily movement recorded from responding to this kind of the questionnaires.

スライド46 直訳:3月11日から7月11日まで、そこに、動くやり方、このような種類の問診票に反応することから記録された、そのような毎日の動きがあります。

スライド46 意訳:このスライドには、その問診票に記入された、3月11日から7月11日までの毎日の行動記録の例が示されています。


スライド47




Slide 47:  And simultaneously time-course of airborne dose map analyzed, especially developed by NIRS, and then such kinds of the data gave us formal external radiation doses.

スライド47 直訳:そして同時に、放医研によって特別に開発された時系列の線量率マップが分析し、そしてそれから、そのような種類のデータが、正式な外部被ばく線量を私達にくれました。

スライド47 意訳:そして放医研によって特別に作成された時系列の線量率マップと合わせて分析することにより、正式な外部被ばく線量を推計しました。


スライド48




Slide 48:  Very importantly, the distribution of external radiation exposure are already reported for the first four months targeting about 14,000 persons who are relatively highly exposed areas, Kawamata, Namie, Iitate districts.  Almost all are less than 10 mSv, and many people are less than 3 mSv for first four months.  

スライド48 直訳:大変重要なことに、川俣、浪江と飯館区域の比較的高度に汚染された区域である14,000人の人達を対象とした最初の4ヶ月間の外部被ばくの分布は、既に報告されています。ほとんど全員が10 mSvであり、多くの人達は最初の4ヶ月は3 mSv以下でした。

スライド48 意訳:大変重要なことに、川俣町、浪江町と飯舘村の比較的高線量の汚染区域の14,000人の住民を対象とした、最初の4ヶ月の外部被ばく線量推計の分布があります。最初の4ヶ月では、ほとんど全員の外部被ばく線量は10 mSv以下であり、多くの人達では3 mSv以下でした。


スライド49




Slide 49:  Recently we are reported more than 386,000 operations datas.  According to these datas, estimated to local time-course of the questionnaire, external exposure dose is less than 1 mSv, 2 mSv,  almost all are 5 mSv. This is a very good news for the Fukushima local residents.  Fukushima now exists very low doses compared to the Hiroshima/Nagasaki and Chernobyl.

スライド49 直訳:最近、私達は、386,000以上の調査データを報告されています。これらのデータによると、この問診票の地元の時系列に推計された外部被ばく線量は1 mSv、2 mSvで、ほとんど全部が5 mSvです。これは福島地域住民にとって、大変良いニュースです。福島は今、広島・長崎とチェルノブイリと比べて大変低線量に存在します。

スライド49 意訳:これまでに、386,000以上の調査データの報告がありました。このデータによると、問診票の地元の時系列に従って推計された外部被ばく線量は、1 mSv以下や2 mSv以下が多く、ほとんど全員が5 mSv以下です。これは福島県民にとっては大変良いニュースです。現在の福島は、広島・長崎とチェルノブイリと比べて大変低線量の状態にあります。



スライド50




Slide 50:  So it’s very difficult in future to confirm any increase of radiation-induced cancer through stochastic effect.  However, we must continue this kind of the monitoring and also health management program.

スライド50 直訳:だから、確率的影響を通して放射線誘発性の癌の増加を確認するのは将来で非常に難しいです。しかし、このようなモニタリングと、そしてまた、健康管理プログラムを続けなければいけません。

スライド50 意訳:このグラフでも分かるとおり、福島での被ばく線量は低いため、確率的影響を通して将来的な放射線誘発性の癌の増加を確認するのは、非常に困難です。それでも、このようなモニタリングや健康管理調査は続けなければいけません。


スライド51





スライド52



Slides 51−52:  Secondly, we are focusing on different target operations, childrens and women and other.  Now I would like shortly introduce risk of radioactive iodine on thyroid in Fukushima. We are now decided age less than 18 years old, about 360,000, all children will be examined by thyroid ultrasound screening.  Because of a strong pressure from the mother, the local government, and also central government.  We are now started very much sophisticated first screening using the ultrasound, and then if abnormality found, second screening.  Age from 0 to 18 years old.  It’s the first time, except Chernobyl, we are now doing this kind of this studies.  

スライド51−52 直訳:2番目に、私達は、子供と女性とその他の、違う対象の業務に焦点を当てています。今、すぐに、福島での甲状腺への放射性ヨウ素のリスクを紹介したいと思います。私達は今、18歳以下の年齢、約36万人、子供全員が甲状腺超音波検査によって検査されるだろうと決められました。その母親と、地域政府と、そして中央政府からの強いプレッシャーのため。私達は、今、超音波を使った、大変洗練された最初のスクリーニングをスタートされます。そして、それから、もし異常が見つかったら、2度目のスクリーニング。0歳から18歳。チェルノブイリ以外で初めて、私達はこのような調査を今しています。

スライド51−52 意訳:2番目には、私達は、子供や女性などの異なる対象群に焦点を当てています。(訳者注:経済用語にはOperational target という言葉は存在する。しかし、target operationsという言葉は存在しない。そのため直訳においても意訳においても、文脈の前後から推測し、対象群とした。)ここで、手短に、福島県における放射性ヨウ素の甲状腺に対するリスクをご紹介したいと思います。約360,000人の18歳以下の子供全員に甲状腺超音波検査を行なうことにしました。(訳者注:山下氏が「子供全員」と言った時、「全員」という言葉にとても感情を込めており、聞いている方は、あたかもそれが大変な作業であって迷惑であるかの印象を受けた。)これは、母親達、地方自治体、および日本政府からの強いプレッシャーのためです。(訳者注:「母親達」と言う時も、感情がこもっている感じがし、まるで「母親があまりうるさいからやった」という印象を受けた。)大変洗練された超音波機器を用いた先行検査の一次検査が現在行なわれており、もしも異常が見つかったら、二次検査となります。検査対象の年齢は、0歳から18歳です。チェルノブイリをのぞいて、このような調査は初めて行なわれることになります。


スライド53−58
ここでは、甲状腺エコー画像を見せながらの発言でしたが、その発言が特定の画像を見せた順番と必ずしも合致していません。一応、全体的な発言を先に直訳・意訳しますが、各エコー画像については、その画像について特に発言があったかどうかを、そしてもしもあったのなら意訳和文の抜粋のみを画像の下に記載します。

Slides 53-58:  And then to find many abnormality in normal children, such as cyst, nodules, or even we can clarify ectopic or residual thymus in children within the thyroid gland.  That kind of the finding are easily misdiagnosed as thyroid cancer.  So therefore this is very important to clarify or make the guideline of this kind of the childhood thyroid gland using the ultrasound.  

Also many cysts also discovered in children.  Such kind of the small cysts, colloid clot, also discover, even 3 years old girl shows this kind of the small cysts.  This is natural, spontaneously changing findings of the childrens.  However, mothers very much worry in Fukushima such kind of the finding is discovered it may be due to radiation exposed by Fukushima.  But before that we have never screened this kind of the thyroid for the entire childrens.

スライド53−58 直訳:そしてそれから、普通の子供達の甲状腺でのう胞、結節のような多くの異常を見つけること、それか、私達でさえ、異所性胸腺や残存胸腺を甲状腺内の子供達の中ではっきりと見ることができます。そのような所見は、容易に甲状腺癌と誤診されます。だから、これは、超音波を用いてこのような小児甲状腺のガイドラインを明らかにするか作ることはとても大切です。

また、多くののう胞が子供で発見。そのような種類の小さなのう胞、コロイド・クロット、また見つけ、3歳の女児でさえ、このような小さなのう胞を見せます。これは子供の、自然で、自発的に変化する所見です。しかし、福島で母親達はとても心配します、そのような所見が見つかったら福島によって曝露された放射線のせいではないかと。しかしその前は、私達は、このような種類の甲状腺を子供全体でスクリーンしたことがありませんでした。

スライド53−58 意訳: この超音波検査では、普通の子供達でも、のう胞や結節のような多くの異常が見つかっています。もしくは、子供の甲状腺内で、異所性胸腺や残存胸腺が見える事さえありますが、このような所見は容易に甲状腺癌と誤診されます。だから、超音波検査を用いて小児甲状腺の状態を明らかにし、ガイドラインを作ることは非常に大切です。

また、多くののう胞が子供で見つかっています。このような小さなのう胞や、また、コロイド・クロットなども見つかっています。3歳女児にでさえ、このような小さなのう胞が見つかります。これは子供においては自然なもので、また自然に変化していくような所見です。しかし、福島でそのような所見が見つかったら、それが福島原発事故からの放射線への被ばくのせいではないかと母親達がとても心配します。(訳者注:ここでも「母親達が」と言う時に、うっとうしそうな言い方をした。)しかし、以前は、単にこのような甲状腺スクリーニングを子供達全体にしたことがなかっただけなのです。



スライド53 小児におけるのう胞と結節


このような小さなのう胞や、また、コロイド・クロットなども見つかっています。



スライド54 残存胸腺、または異所性胸腺



もしくは、子供の甲状腺内で、異所性胸腺や残存胸腺が見える事さえありますが、このような所見は容易に甲状腺癌と誤診されます。



スライド55 コロイドのう胞(コロイド・クロット入りのう胞)


このような小さなのう胞や、また、コロイド・クロットなども見つかっています。



スライド56 コロイドのう胞(コロイド・クロット入りのう胞)


このような小さなのう胞や、また、コロイド・クロットなども見つかっています。



スライド57 3歳女児の症例(A2判定)


3歳女児にでさえ、このような小さなのう胞が見つかります。これは子供においては自然なもので、また自然に変化していくような所見です。しかし、福島でそのような所見が見つかったら、それが福島原発事故からの放射線への被ばくのせいではないかと母親達がとても心配します。



スライド58 小児甲状腺癌と胸腺

このスライドに関しては特に何のコメントもなく、ただスライドを見せただけでした。


スライド59




Slide 59:  This is the recent result of thyroid ultrasound survey.  We are categorized A means normal, but A completely normal not specific finding we divide it A1.  Small cysts or nodules also we say A2.  B, the nodules more than 5 mm or cysts more than 20 mm may introduce to the recommendation of second screening.  According to the 133,000 children screening datas, we have found 99.5% the normal, but 0.5% of the abnormal, 3 clarified by second screening. This is the first data.  So but this is very important to realize what is this number.

スライド59 直訳:これは甲状腺超音波検査の最近の結果です。私達はAは普通であると分類されてますが、Aが完全に普通で特有の所見がないと私達はA1に分ける。小さなのう胞や結節は、また私達はA2と言う。Bは、 5 mm以上の結節か20 mm以上ののう胞は、二次スクリーニングの推奨に紹介するかもしれません。133,000人の子供達のスクリーニングデータによると、 99.5%が正常、しかし異常の0.5%で、3人は二次スクリーニングで明らかになりました。これは最初のデータです。だからしかし、この数字は何なのかと理解すること、これはとても大切です。

スライド59 意訳:これは、一番最近の甲状腺エコー検査の結果です。所見は結節とのう胞のサイズで分類されています。A判定は正常ですが、A判定の中でも所見がなくて全く正常な場合はA1判定と分類しています。小さなのう胞か結節が見られる場合はA2判定と呼びます。B判定は、5 mmより大きな結節か20 mmより大きなのう胞であり、この場合は二次検査が推奨されています。これまで発表されている133,000人の子供達のデータによると、99.5%が正常で0.5%に異常がみられ、二次検査の結果、3人の(甲状腺癌が)明らかになっています。これは最初のデータとなります。なので、この数字が何を意味するのかを理解することがとても大事です。


スライド60




Slide 60:  The first-year screening from October 2011 to the end of the March 2012, they completed about 38,000 childrens second screening.  According to these data, nobody realized less than one year since after the accident, they are not related to the Fukushima accident.  But the people in public concern very much this kind of the diagnosis of B, even A2, are related to the effect of radiation exposure.

スライド60 直訳:1年目のスクリーニングは2011年10月から2012年3月末、彼らは約38,000人の子供の二次スクリーニングを終了しました。これらのデータによると、事故後1年以下でこれらが福島事故に関連していないと気づきませんでした。しかし、一般の人達はこのようなB、そしてA2の診断さえもが放射線被ばくの影響と関連していることを懸念しています。

スライド60 意訳:1年目の甲状腺検査は2011年10月から2012年3月末の間に行なわれ、約38,000人の子供の二次検査が終了しました。このデータを見て、事故後1年足らずなので、この結果が福島事故に関係ないと思った人はいませんでした。(訳者注:おそらく「関係ある」と言いたいのだと思うが、山下氏の英語原文の意味のままにした。)しかし一般の方達は、このようなB判定、そしてA2判定でさえもが、放射線被ばくの影響に関連しているのではないかと非常に懸念しています。


スライド61




Slide 61:  Results of the second examination showed, this second examination means fine-needle aspiration biopsy applied to some part of the thyroid nodule.  Among them we have already operated 3 cases of childhood thyroid cancer, and 7 cases of malignancy are suspected in these area. 

スライド61 直訳:二次検査の結果分かった事は、この二次検査の意味は穿刺吸引生検が甲状腺結節のどこかにされると言う事です。この中、私達は既に、3名の小児甲状腺癌を手術し、7名の癌がこの区域で疑われています。

スライド61 意訳:二次検査では、甲状腺の結節の一部分にて穿刺吸引生検を行なうのですが、その結果、既に3名が小児甲状腺癌の診断で手術を受けており、また、7名に癌の疑いがあります。


スライド62




Slide 62:  According to these data, everybody was surprised because this is Japanese thyroid cancer incidence, each 5 years, each 5 years are shown in blue bar.  This is a cancer death rate. (showing the bottom insert)  Incidence of thyroid cancer is very rare in childrens.  Of course, this is true.  But we started the screening in this less than 18 years old.  Very much high increase of the thyroid cancers, even asymptomatic children.  We are facing very much difficulties not to radiation but also this kind of the medical examination.

スライド62 直訳:これらのデータによると、皆が驚きましたが、なぜならこれが日本の甲状腺癌発症率で、5年ごと、5年ごとが青棒で示されています。これは癌死率です。(一番下の括弧内のこと)子供での甲状腺癌の発症は大変稀です。もちろん、それは本当です。しかし、この18歳以下でスクリーニングを始めました。大変大きな甲状腺癌の増加、症状がない子供でさえ。大変な困難に直面していますが、放射線へではなく、しかし、また、このような医療検査へです。

スライド62 意訳:その結果には、皆が驚きました。このグラフは、日本における甲状腺癌の発症率で、年齢が5歳ごとに区分されており、青棒は、5歳ごとの年齢枠における甲状腺癌の発症率を表しています。年齢区分の下の括弧内は、各年齢枠での甲状腺癌の死亡率です。小児甲状腺癌は非常に稀です。もちろんそうなのですが、今回、18歳以下の子供においての甲状腺超音波検査のスクリーニングを開始したら、甲状腺癌が、症状がない子供においてさえも、大きく増加しました。私達が直面しているこの困難は、放射線のせいではなく、このような医療検査をしているという事実のせいなのです。


スライド63




Slide 63:  Now the bad news.  We have a sensational news.  “Over a third of Fukushima children at risk of developing cancer.”  “Fukushima kids have skyrocketing number of
thyroid abnormalities.”  We are being attacked by them.  But this type of the mass screening activities in Fukushima led to an increase in the incidence of thyroid nodules/cysts, even cancers due to early detection of non-symptomatic cases. It is not be possible to compare the future observed thyroid cancer incidence with figures of any previous report, as the baseline risk changes due to the screening activity.  We need explain carefully many times to the operations.

スライド63 直訳:今、悪いニュース。センセーショナルなニュースがあります。「福島の子供の3分の1以上が癌になる危険。」「福島の子供達は天井知らずの数の甲状腺異常がある。」私達は、彼らに攻撃されています。しかし、福島でのこのような大規模スクリーニング活動が甲状腺結節やのう胞の発症率と、症状がない症例の早期発見のための癌の発症率の増加に繋がりました。スクリーニング活動のためにベースラインリスクが変わるので、将来見られる甲状腺癌の発症率をどの過去の報告とも比べることはできません。私達は、注意深く、多くの時に、運営に向けて説明する必要がある。

スライド63 意訳:そして、悪いニュースです。センセーショナルなニュースが起こりました。「福島の子供の3分の1以上に、癌になる危険性がある。」「福島の子供達の甲状腺異常の数は、天井知らずなほど多い。」などです。私達は、攻撃されているのです。しかし、福島県でこのような大規模スクリーニングを行なったせいで、甲状腺結節やのう胞の発生率が増加し、そして、症状がない場合でさえも、甲状腺癌が早期発見によって見つかっています。このスクリーニングのせいでベースラインリスクが変わったので、将来見られる甲状腺癌の発症率を、過去のどのリポートの発症率とも比べる事ができなくなりました。これは、何度も何度も、注意深く、皆さんに説明しなければいけません。(訳者注: 原文での「説明」の対象は、先にも何度か出て来た「operations」なのだが、該当する言葉が日本語にないために好意的に解釈して「皆さんに」なのだろうと推測した。)


スライド64




Slide 64:  I also just introduced the small result of what we have done health checkups.  Among 210,000, 70,000 children and adult examined, and very unfortunately, obesity and hyperlipidemia conditions increased in these evacuated people because of shortage of exercise.

スライド64 直訳:私はまた、健康診査で何をしたかの小さな結果を紹介したところです。21万人の内、70,000人の子供と大人が検査され、そして大変残念ながら、運動不足のために、肥満と高脂肪血症がこれらの避難した人々で増えました。

スライド64 意訳:またここでは、健康診査で見つかった事を少しだけご紹介致します。福島県で避難された21万人の検査対象者の内、70,000人の子供と大人がこれまでに健康診査を受けました。そして、大変残念なことに、運動不足のために、肥満と高脂肪血症が、避難された方々で増えたことが分かっています。(訳者注:このスライドの内容は、『第10回「県民健康管理調査」検討委員会 資料3 平成23・24年度 県民健康管理調査「健康診査」の実施状況について』の 4ページ目とほぼ同じ内容なので、そこから部分的に引用しつつ下記に和訳した。http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250213siryou3.pdf
どれほどスライドの内容がほとんど言及されていないか、が明白になる。)


スライド64の内容
2011年度の福島県の避難者の健康診査の中間報告
● 平成 23 年度県民健康管理調査「健康診査」により、避難区域等に居住していた方々の震災後の健康状態の概要が明らかになった。肥満と脂質代謝異常は、男女ともに若年期に既に存在し、壮年期に増加した。肝機能障害と高尿酸血症は男性で比較的若年期より増加がみられている。その上、高血圧、糖代謝異常、腎機能障害は、壮年期に増加し、その割合は高齢者で最も高かった。
● 平成 23 年度県民健康管理調査「健康診査」の結果を、小児および成人においての震災前の健康診査の結果と比較した。その結果、少なくとも一部で、肥満、糖代謝異常、脂質代謝異常、肝機能異常の割合が高い傾向を示した。この結果の要因を推測すると、余儀なくされた避難生活による生活スタイル、食習慣、運動量や他の個人的生活習慣の変化が示唆されるが、健診時期、年齢分布、地域分布と受診率の違いという交絡要因が存在する(ため厳密な意味での比較はできない集団である)ことを考慮する必要がある。
● 県民健康管理調査としては、平成 23 年度に実施した「健康診査」の結果を基本とし、今後も経年的な調査を実施することにより、生活習慣病を含めた様々な疾病について、その予防に活用していく。



スライド65



Slide 65:  And that also mental health care and lifestyle survey indicated that children and adults such kind of stress.  For example, in children school performance changes, irritations, anxiety, depression, and still sensitive to earthquake and radiations.  In adults, there are many cases of sleep disturbances, depression, fear of futures, agitation, discount of evacuation life. It’s a really acute phase reaction.  We don’t know how long they continue.  How we can intervent or care all those people.

スライド65 直訳:そしてまた、「こころの健康度・生活習慣に関する調査」は、子供と大人がとてもストレスだと示しました。例えば、子供では、学校での成績変化、いらつき、不安、うつ、そしてまだ地震と放射線に敏感。大人では、睡眠の乱れ、うつ、将来の恐怖、動揺、避難生活のディスカウントのケースが多いです。それは本当に急性期反応です。彼らがどの位の長い期間続くのか分かりません。私達はどのようにそれらの人々皆を取りなしてケアできるでしょうか。

スライド65 意訳:そして、「こころの健康度・生活習慣に関する調査」によると、子供も大人も非常なストレス下にあるのが分かりました。例えば、子供だと、学校の成績に変化があったり、イライラしたり、不安がったり、うつ状態だったり、今でも地震や放射能に敏感だったりします。大人では、多くの人達に、睡眠の乱れ、うつ、将来への不安、動揺、避難生活に対する失望、などが見られます。これは実は急性期反応なのです。私達には、この急性期反応がいつまで続くのか、どのようにこの方達を皆落ち着かせて対処できるのか、見当もつきません。


スライド66



Slide 66:  And even pregnant women are very much concerned.  But very fortunately, in Japan, there are neither any increase of miscarriage nor artificial abortions.  It’s very good news. There is no obvious increased prevalence rate of congenital malformations.  So we need to announce and also explain such kind of the datas.

スライド66 直訳と意訳はほぼ同じ内容:そして、妊婦さえとても心配しています。しかし、大変幸運なことに、日本では、流産や人工中絶のどちらも増加がありませんでした。とても良いニュースです。先天性奇形の罹患率の明らかな増加もありません。だから、そのようなデータを公表して、また、説明する必要があります。


スライド67




Slide 67:  So therefore, in Fukushima Medical University opened out to the English website Fukushima Radiation and Health, and then communicating not only to the public also into the world experts or world societies.

スライド67 直訳:そして、だから、福島医科大学では、英語のウェブサイト「福島放射線と健康」に開けました。そしてそれから、一般市民だけでなく世界の専門家と世界の社会の中にもコミュニケーションして。

スライド67 意訳:そのために、福島医科大学は、英語のウェブサイト「福島放射線と健康」を開設し、一般の方達だけでなく、国際的な専門家や国際社会にも情報発信をしています。


スライド68



Slide 68:  Finally, what we learn from Fukushima.  Too early to conclude anything, but we have discussing a lot after Fukushima.  First, emergency planning zone and protective action guideline should be changed.  And potassium iodine (KI) policy, today I skipped, are now discussing a lot.  And thirdly, most difficult part, how to communicate to the public and how to protect the public from radiation and radiation phobia.  Finally, reentry and recovery policy still lacking, even we are following ICRP 101.  However, in the Fukushima, it’s very difficult to communicate to the public.  I really wish to cooperate with NCRP and international organizations targeting on the research/education for risk analysis, risk communication, risk management, and so on.

スライド68 直訳:最後に、福島から何を学ぶかです。何を結論するのも早過ぎますが、福島の後でたくさん議論してます。最初に、緊急事態区分と防護措置基準は変えられなければいけません。そして、今日は私は飛ばしましたが、ヨウ化カリウム方針が今、たくさん議論をしています。そして3つ目は、一番難しい部分ですが、一般市民とどのようにコミュニケーションを取り、一般市民を放射線と放射線恐怖症から守るかです。最後に、 ICRP 101に従っていても、帰還と復興政策がまだ足りない。しかし、福島では、一般市民とコミュニケーションを取るのが大変難しいです。私は本当に、NCRPや国際機関と協力して、リスク評価の研究と教育、リスク・コミュニケーション、リスク対応などをターゲットするのを望んでいます。

スライド68 意訳:最後に、福島から学ぶべき事についてですが、今はまだ、結論を出すのには早過ぎますが、事故後にたくさんの議論が行なわれて来ています。まず第一に、緊急事態区分と防護措置基準を変更する必要があります。そして、今回はお話しませんでしたが、ヨウ化カリウムの方針についても、今、多くの議論が行なわれています。そして第三に、これは最も難しいことなのですが、一般市民とどのようにコミュニケーションを取り、一般市民をどのように放射能と放射線恐怖症から守るかと言う事も大切です。最後に、帰還と復興の方針も、ICRP 101に従ってはいますが、十分ではありません。しかし福島県では、一般市民とコミュニケーションを取るのが大変難しいのです。本当に、NRCPや国際機関と協力して、リスク評価の研究や教育、リスクコミュニケーション、リスク対応などをターゲットにすることを望みます。


スライド69



Slide 69: Once again, I would like to say thank you very much for your support to the Fukushima, and also it’s a very much honor to give a such kind of the special lecture to all of you.  Thank you very much.

スライド69 直訳・意訳:再度ここで、福島をサポートして下さったことに対して、深くお礼を述べさせて頂きたいと思います。そして、また、このような特別な講演をさせて頂いて、大変光栄です。どうもありがとうございました。

*****

Boice:  Yes, I certainly would like to thank Dr. Yamashita for one of the most informative and excellent presentations I’ve ever heard both on summarizing the Chernobyl experience with regard to thyroid and then bringing us up to literally to date on what’s happening around Fukushima.  I mean, this is up to the minute information. 

NCRPボイス会長:はい、山下先生には、チェルノブイリでの甲状腺に関しての経験をまとめて頂き、また、福島の現状について私達の知識を文字通りアップデートして頂くという、今までに聞いた中で、最も情報に溢れてた素晴らしい講演のひとつをして頂いたことにお礼を述べたいと思います。これは、まさに最新情報です。(訳者注:山下氏の英語は、英文法や英会話の法則をことごとく無視していたため、あまりにも予測に反していたので自然に耳に入って来ず、逐一繰り返して巻き戻して聞く必要があった。10時間以上かけてやっと最後に辿り着いたと思った時に、このボイス会長の発言を聞いて文字通りびっくり仰天した。彼は、一体どういう耳を持っているのだろうかと思った。そして、この山下氏の講演内容が、「福島の最新情報」として受け止められていると言う事に憤りすら感じた。)




コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら 関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学・津田敏秀教授 日本外国特派員協会での記者会見の動画と読み上げ原稿

2015年10月8日に、岡山大学の津田敏秀教授が、日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を行った。米国時間の2015年10月6日午後に、国際環境疫学会(International Society for Environmental Epidemiology)が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に福島県民健康調査・甲状腺検査1巡目の結果を疫学的に分析した論文がオンラインで先行発表されたので、その論文の内容を説明し、質疑応答を行った。下記に、記者会見告知の和訳、記者会見動画(日本語、英語通訳)、そして会場で英語版が配布された、記者会見の読み上げ原稿の日本語原文(津田氏の許可あり)を掲載する。会見では、実際の読み上げ原稿よりも詳細な説明がされており、スライドを見せながらのミニ・レクチャーも展開されたので、ぜひ、動画の視聴をお勧めする。なお、同内容の英文記事はこちらである。

FCCJウェブサイトの会見告知の和訳

福島第一原子力発電所のトリプル・メルトダウンから約5年が過ぎようとしている今、注目されているのは、放射線被ばくが周辺住民、特に子どもに及ぼし得る長期的な健康影響である。

福島県では、事故当時18 歳以下だったおよそ370,000 人の子どもたちを対象に、大規模の甲状腺超音波スクリーニング検査が行われている。

福島県での小児甲状腺がんの発見率が事故前の発症率よりはるかに高いにも関わらず、福島県の医療当局と日本政府は、その原因は福島事故ではないと主張している。

事故直後に何万人もの住民が避難したこと、そして、福島県で生産された牛乳や他の農産物の販売が禁止されたことがその理由として挙げられている。当局は、国際的に著名な専門家らの支持のもと、甲状腺がんの発症率の増加は、福島県の子どもたちの検査に用いられている超音波機器の精度が高いためであると主張している。

しかしこの主張への大きな反論として、岡山大学・環境疫学教授の津田敏秀氏は、福島で起きている小児甲状腺がんの過剰発生が単なるスクリーニング効果ではなく、放射線被ばくの結果であると述べている。

津田氏の論文は、国際環境疫学会が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に今月掲載される予定で、津田氏は10 月8 日に FCCJ で記者会見を行い、研究結果について説明し、質問に答えること…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…