スキップしてメイン コンテンツに移動

2011年ウクライナ政府報告書(抜粋和訳)3:汚染区域に居住する集団の健康についての疫学調査−−確率的影響、非癌疾患、非癌死亡率


2011年ウクライナ政府報告書

ウクライナ政府がチェルノブイリ事故の25年後に出した報告書の英訳版より、  事故処理作業員や住民とその子供達の健康状態に関する部分から抜粋和訳したものを、下記のように6部に分けて掲載する。また、他のサイトで和訳がされている部分もあるが、英訳版の原文で多く見られる不明確な箇所がそのまま和訳されていた。ここでは、医学的に意味が通るように意訳をした。

1. 避難当時に子供だった人達の健康状態
立ち入り禁止区域から避難した子供達の健康状態の動向
2. 甲状腺疾患 
 小児における甲状腺の状態
ウクライナの小児における甲状腺癌
3.  汚染区域に居住する集団の健康についての疫学調査   ●確率的影響
 非癌疾患
 非癌死亡率
4. 被ばくによる初期と長期の影響
 ●急性放射線症
 ●放射線白内障とその他の眼疾患
 ●免疫系への影響
5. チェルノブイリ事故の複雑要因の公衆衛生への影響
 ●神経精神的影響
6. ●心血管疾患
 ●呼吸器系疾患
 ●消化器系疾患
 ●血液疾患



*****
3.  汚染区域に居住する集団の健康についての疫学調査
 ●確率的影響
 ●非癌疾患
 ●非癌死亡率

このセクションは、ETV特集「シリーズ・チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第二回 ウクライナは訴える」(2012.9.23)でも取り上げられたので、完訳した。
http://www.dailymotion.com/video/xtx7lk_yyyyyyyyy-2-yyyyyyyyy_news#.UeeUqFO9wYw
この動画の完全文字起こしは、「MICKEYのブログ」を参照。 http://blogs.yahoo.co.jp/ueda_beck/9785121.html  

汚染区域に居住する集団の健康についての疫学調査

確率的影響

チェルノブイリ事故から時間が経過してからの甲状腺癌の罹患率の増加における放射線の影響を考慮するには、もう少し詳しい説明が必要になる。
 
●ウクライナ全体としては、チェルノブイリ前の時期に比べて、甲状腺癌の発症は自然発生の発症率と比べて、男性では2倍、女性では3倍となった(図3.44)。





次の図3.45は、汚染が最大だった地域での甲状腺癌の罹患率の動態を反映している。
●汚染が最大だった地域の住民における事故前(1980−1986年)の甲状腺癌の罹患率は、10万人対で1.2だった。
事故後、甲状腺癌は急激に増加し、1987−1991年には2倍に、1992−1996年には4.5倍、そして1997−2001年には8.3倍になった。
●2002−2007年の罹患率がその前の時期より34.1%減ったのは、子供を持つ若い家族などの、甲状腺癌のリスクが一番高い集団の汚染地域からの移住などを含む複雑な要因のせいであろうと思われる。また、最小年齢で被ばくしたグループにおける放射線リスクの時期が終わった可能性があることを指摘することも必要である。


チェルノブイリ事故の影響による甲状腺癌の罹患率をウクライナ全体と比べると、避難住民では4.4倍、最も汚染がひどい地域の住民では1.35倍と、際立っていた(表3.30)。これは、甲状腺の放射性ヨウ素への被ばくに関連している。


長期モニタリングの分析によると、被ばくした集団での他の悪性腫瘍の罹患率は、国全体の罹患率を超えなかった。避難住民と汚染区域の住民のほとんどでは、この罹患率はウクライナ全体よりもかなり低かった(表3.31)。


避難住民と汚染区域の住民における乳癌の発症率は国全体より低かったが、実際の症例数には増加傾向があった(表3.32)。乳癌を発症した女性らは、事故前には乳癌の罹患率が比較的低い地域に住んでいたことを念頭に置くべきである。




非癌疾患

チェルノブイリ事故後25年間で実施された調査によると、避難者の健康状態は避難後にかなり悪化した。障害と死亡率の主要因は非癌疾患である。非癌疾患のために、1988年から2008年にかけて、避難者の中で健康な人は、67.7%から21.5%に減少し、慢性疾患を持つ人は31.5%から78.5%に増加した(図3.46)。




 ●5年ごとの非癌疾患罹患率の変化の疫学的分析(図3.47)によると、疾患が最も多く起こったのは、1998年から2002年だった。
 ●1998年から2007年の期間にかけてのほとんどの疾患罹患率のゆるやかな減少は、前半では新たに診断された疾患が含まれているのと、コホートの中で死亡した人達がいたと言う可能性がある。



 ●しかしながら、事故当時に0−14歳、そして15−18歳の子供として被ばくした人々においての非癌疾患の発達は、まだ持続している。低線量の放射線の非癌疾患の発達(低線量電離性放射線の長期にわたる影響)と、放射線以外の要因も排除できない。

1988年から2007年の間に、避難者の非癌疾患罹患率には個々の病気の種類や疾病分類学的カテゴリーにかなりの変化がみられた。

2003−2007年期には、それまでの期間すべてと比較して、中毒性結節性甲状腺腫の罹患率がかなり増加した。1988−1992年期と1993−1997年期よりも統計学的に有意な増加がみられたのは、後天性甲状腺機能低下症と肝臓・胆道系・膵臓を含む消化器系疾患であった。甲状腺炎、自律神経血管失調症を含む神経系と感覚器官の疾患、脳血管疾患、呼吸器系疾患、胃潰瘍と十二指腸潰瘍、泌尿器系と筋骨格系疾患の罹患率がかなり超えたのは、1988−1992年期のレベルのみだった。その他の疾患では、統計学的に低い結果がみられた。

似た様な変化は、非癌疾患の構成にもみられた(図3.48)。



 ●1988年の非癌疾患の分類の大半(91.4%)は、 心血管系疾患、 呼吸器系疾患、消化器系疾患、神経系と感覚器官の疾患、筋骨格系疾患、内分泌系疾患、そして 泌尿生殖器系疾患で占められていた。   

  ●2007年には同じ疾患が大半を占めていたが、構成の中での順番が変わった。心血管系疾患の貢献が減少して2番目となり、消化器系疾患が1番となった。呼吸器系疾患が占める割合が減ったが、神経系と感覚器官の疾患、そして内分泌系と泌尿器系疾患も幾分か増加した。

非癌疾患の有病率と罹患率の動態には性別による違いがみられ、女性は男性よりも有病率が20.0%高く、罹患率が30.9%高かった(図3.49)。



有病率の最大の違いは、甲状腺疾患(1.6倍)を含む、内分泌系疾患でみられた。

 ●女性では、中毒性結節性甲状腺腫、甲状腺中毒症、後天性甲状腺機能低下症を伴う、または伴わない甲状腺腫、そして甲状腺炎は、2倍以上だった。また、糖尿病(1.8倍)と泌尿生殖器系疾患(2.1倍)が多かった。女性における白内障は1.7倍で、脳血管系疾患は1.5倍だった。しかし、胃潰瘍と十二指腸潰瘍の罹患率は男性の方が高かった。

新しく診断された疾患数によると、女性で過剰にみられたのは、後天性甲状腺機能低下症(3.3倍)、甲状腺中毒症(3.6倍)、非中毒性結節性甲状腺腫(2.8倍)を含む甲状腺疾患(2倍)だった。2倍以上みられたのは、白内障、脳血管系疾患、肝臓・胆道系・膵臓疾患と泌尿器系疾患だった。どの時期でも、非癌疾患は、40歳未満コホートよりも40歳以上コホートで、もっと多くみられた(図3.50)。



特に、冠動脈疾患と脳血管疾患を含む、心血管系疾患のレベルに大きな違いがみられた(図3.51)。



甲状腺疾患の中には、動態にかなりの変化がみられたものもあった。1993−1997年期以来、非中毒性結節性甲状腺腫、後天性甲状腺機能低下症と甲状腺炎は、40歳以上コホートにおいてより多くみられている(図3.52)。




甲状腺と全身に被ばくを受けた成人の避難者においての非癌疾患には、線量に関連する著しい影響がみられた。

 ●甲状腺被ばく量の0.3 Gy以上2.0 Gy未満では、冠動脈心疾患と脳血管疾患を含む心血管系疾患と筋骨格系疾患と線量の間に確かな関連がみられた。
 甲状腺被ばく量が2.0 Gyに近づくにつれ、上記の疾患のリスクが増加し、また、精神疾患と消化器系疾患のリスクが確かであることが示された(表3.33)。 


全身外部被ばく量は、避難者における非癌疾患の発達に著しい影響を与えた。
 ●リスク分析の結果によると、非癌疾患の中には、相対リスク(RR)の増加がみられたものもあり、被ばく量が増えるに従ってリスクが増加した。ほとんどの疾患においての最大のリスクは、0.25-0.32 Gyの被ばく量でみられた(表3.34)。



 ●対照群と比較すると、統計学的に確定されたリスクを持つ疾患が一番少なかったのは、全身被ばく線量が0.05−0.099 Gyのサブコホートだった。全身被ばく線量が0.1−0.249 Gyに増えるにつれ、白内障、本態性高血圧、脳血管疾患や泌尿器系疾患などの、相対リスクがかなり大きな疾患の数が増えた。
 ●被ばく線量と確かな相関性を持つ非癌疾患の数が一番多かったのは、全身被ばく線量が0.25−0.32 Gyのサブコホートだった。統計学的に有意な相対リスクは、甲状腺疾患、白内障、冠動脈系心疾患、脳血管疾患、胃炎、十二指腸炎、肝臓・胆管系疾患、膵臓疾患、泌尿器系と前立腺疾患、骨疾患、と軟骨疾患でみられた。被ばく線量の増加と共に、相対リスクの値が大きくなった。
 ●1 Gyあたりの過剰相対リスクと過剰絶対リスクの計算結果は、成人の避難者における非癌疾患の一部に確かな線量依存性を証明した。
 ●全身被ばく量が0.25−0.32 Gyと最大である避難者における過剰絶対リスクが最大だと確定されたのは、冠動脈系心疾患、本態性高血圧、肝臓・胆管系疾患と筋骨格系疾患だった。また、過剰絶対リスクが高かったのは、甲状腺を含む内分泌系疾患、泌尿器系疾患、骨疾患と軟骨疾患だった。
 ●1 Gyあたりの過剰相対リスクの計算結果は、また、成人の避難者の集団における非癌疾患の一部に確かにみられる線量依存性を証明するものである。過剰相対リスクは、白内障で最大のであった。また、過剰相対リスクが大きかったのは、糖尿病、甲状腺炎、脳血管疾患、泌尿器系疾患と前立腺疾患だった。

ウクライナでの研究では、放射線被ばくは、加齢性白内障、黄斑変性や網膜血管障害を含む加齢性眼疾患の発達を加速したことが証明された。被ばく線量は、加齢と相乗効果を持つ要因である。
 ●加齢性白内障の相対リスクは、被ばく年数1年につき1.139(1.057, 1.228)であり、 年齢1歳につき2.895(2.529, 3.313)、dが被ばく線量(Gy)でtが被ばく年数であるところの1√(d * t)につき1.681(1.033, 2.735)である。
 ●黄斑変性の相対リスクは、年齢1歳につき1.727(1.498, 1.727)、dが被ばく線量(Gy)でtが被ばく年数であるところの1√(d * t)につき6.453(3.115, 13.37)である。
 ●網膜血管障害の罹患率の線量依存性が初めて示された。30−70 cGy(注:0.3−0.7 Gy)を被ばくした集団における網膜血管障害の罹患率を、0.3 Gyを被ばくした集団と比較した相対リスクは、1.65(1.02, 2.67)で、x2=4.15、p=0.041だった。
 

非癌死亡率

疫学調査の結果によると、成人の避難者における非癌疾患の死亡率は1988ー2007年期には、緩やかに増加した。最大の死亡率は、2003−2007年期にみられ(図3.53)、この頃には男性と女性の死亡率がほぼ同じになった。



 ●観察期間全体を通して、心血管疾患が45 %から83 %を占めて最大の死亡率に貢献し、2007年には89%まで到達した(図3.54)。



成人の避難者の死亡率に貢献している他の疾患は、呼吸器系疾患(1.3%から12.5%)、消化器系疾患(0.7%から8.1%)、そして神経系・感覚器官の疾患(0.2%から4.0%)だった。

 ●心血管系疾患の中で一番多かったのは、冠動脈系心疾患(39.5%)だった。2007年には、冠動脈系心疾患による死亡率は男性の66%、女性の60.3%でみられた。また、心血管系疾患の中で、本態性高血圧症は11%、脳血管系疾患は3.4%を占めた。心血管系疾患、特に冠動脈系心疾患は主な死因であるが、2003−2007年期の避難者における心血管系疾患による死亡率(1000人年につき11.8±0.22)は、1988−1992年期当初(1000人年につき6.9±0.2)のほぼ2倍である。本態性高血圧症による死亡率は、最初の3期間ではほぼ同じであったが、2003−2007年期において著しく増加した(図3.55)。



 ●死亡率の顕著な増加は、また、神経系・感覚器官の疾患、呼吸器系疾患(主に肺気腫を伴う慢性気管支炎)と消化器系疾患(主に肝・胆道系・膵臓疾患)でみられた。内分泌系疾患による死亡率は、主に糖尿病によるものだった。

 ●泌尿生殖系疾患、筋骨格系疾患、皮膚・皮下組織疾患と精神障害による死亡率は、観察期間全体を通して最小限であった。

死亡率の性別による分析では、男性の死亡率の方が高かった。しかし、2003−2007年期では、男性と女性の死亡率はほぼ同じであった(図3.53参照)。

死亡率はかなり年齢に依存し、40歳未満コホートでは、どの観察期間でも40歳以上コホートよりも低かった。しかし、死亡率はどちらのコホートでも徐々に増加し、2003−2007年期で最大だった。
 ●死亡率の年齢による最大の差は心血管疾患でみられた。40歳以上コホートでは、2003−2007年期の心血管疾患、そして本態性高血圧症と冠動脈系心疾患による死亡率は、それ以前のどの観察期間よりも大きかった。脳血管疾患の死亡率は、観察期間全体を通してほぼ同じだった(図3.56)。




 ●40歳未満コホートで死亡率の確かな増加がみられているのは、本態性高血圧症のみだった。冠動脈系心疾患と脳血管疾患による死亡率は、観察期間全体を通してほぼ同じだった。
 ●どちらの年齢コホートでも、神経系・感覚器官の疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患による死亡率がかなり増加したが(図3.57)、死亡率は40歳以上コホートにおいての方がさらに高かった。


 ●さらに、40歳以上コホートでは胃潰瘍・十二指腸潰瘍による死亡率が、40歳未満コホートでは気管支喘息による死亡率が著しく増加した。
 ●1993−1997年期と2003−2007年期では、どちらの年齢コホートでも甲状腺疾患による死亡率がみられたが、1993−1997年期では40歳以上コホートで高く(40歳以上コホート:0.11±0.03、40歳未満コホート:0.04±0.02)、2003−2007年期では40歳未満コホートで高かった(40歳以上コホート:0.007±0.005、40歳未満コホート:0.02±0.01)。甲状腺疾患による死因は、甲状腺腫を伴う、または伴わない甲状腺中毒症だった。

全身外部被ばく線量による非癌疾患死亡率のリスクの研究によると、疾患の種類によっては線量依存性がみつかった。絶対リスク、相対リスク、過剰絶対リスク、過剰相対リスクの推計によると、相関性が一番みられたのは冠動脈系心疾患を含む心血管系疾患、消化器系疾患、泌尿器系疾患(特に前立腺疾患)だった。心血管系疾患による死亡率の絶対リスクと相対リスクの最大値は、0.2−0.49 Gyの線量区分でみられた。

 ●統計学的に有意な1 Gyあたりの過剰絶対リスク(EAR、1000人年Gyあたり)は、冠動脈系心疾患を含む心血管系疾患と消化器系疾患でみられた(表3.35)。



 ●0.25−0.32 Gyの線量区分では、心血管疾患による死亡率の過剰絶対リスクが最大だった。ほとんど同じレベルの過剰絶対リスクは、また別に、冠動脈系心疾患でもみられた。消化器系疾患による過剰絶対リスクは、その半分だった。

内分泌系疾患、虚血性心疾患、胃炎・十二指腸炎、泌尿器系疾患と前立腺癌による過剰死亡率は、1 Gyあたりの過剰相対リスク(ERR、Gyあたり)により確証された(表3.36)。



 ●1 Gyあたりの過剰相対リスクは、明らかに、冠動脈系心疾患、前立腺疾患と泌尿器系疾患でみられた。内分泌系疾患による過剰死は、そのほぼ半分だった。

ここで記述された、成人の避難者における非癌疾患の罹患率と死亡率の線量依存性の評価の結果は決定的ではなく、いわゆる複雑要因(年齢、不健康な習癖、不健康な職場環境、栄養不足や運動不足、心理社会学的ストレスなど)の影響を調査するための研究をさらに必要とするものである。しかし、0.3 Gyを超える(特に2.0 Gy以上)甲状腺被ばく量と0.05 Gyを超える(特に0.25 Gy以上)全身被ばく量は、非癌疾患の一部において線量依存性の発達を促していると言える。これらのデータは、他国(ロシア、ベラルーシ、日本)で被ばくした集団において実施された研究と一致するものである。







 

コメント

このブログの人気の投稿

ランセット・ヘマトロジー誌に掲載された論文「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」の部分和訳とフェアリー氏解説

低線量の放射線でも白血病リスクが上昇する、と最近話題になっている新研究がある。英医学誌「ランセット・ヘマトロジー」に掲載された、"Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study"(邦題仮訳「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」)である。

この論文についてのツイートまとめはこちら 関連新聞記事のツイートまとめはこちら
2015年7月2日掲載の共同通信の記事「放射線低線量でも白血病リスク 欧米作業員30万人を疫学調査」
ここでは、この論文の一部(「要旨」と「研究のコンテクスト」)および、英国のイアン・フェアリー氏による解説の和訳を記す。
「放射線モニタリングを受けた作業者(INWORKS)における電離放射線と白血病およびリンパ腫の死亡リスク:国際コホート研究」

要旨
背景:職業的、環境的、および診断医療の状況下で典型的に見られるような、間欠的あるいは長期におよぶ低線量放射線被ばくにおける白血病とリンパ腫のリスクには、大きな不確実性がある。われわれは、長期にわたる低線量放射線被ばくと、フランス、英国と米国で雇用されている放射線モニタリングを受けた成人における、白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
方法:フランスの原子力・新エネルギー庁、 アレヴァ原子燃料部門、またはフランス電力会社、米国のエネルギー省と防衛省、そして英国の放射線業務従事者登録に含まれている原子力産業作業者で、最低1年間雇用され、被ばく線量の個人モニタリングをされた308,297人の作業者のコホートを構築した。コホートは、計8,220,000人・年に達するまで追跡された。白血病、リンパ腫と多発性骨髄腫による死亡者を確認した。ポアソン回帰を用いて、骨髄吸収線量推計値と白血病とリンパ腫の死亡率との間の関連性を定量化した。
結果:線量は非常に低い率で累積した(平均 年間 1.1 mGy, SD 2〜6)。白血病(慢性リンパ性白血病を除く)による死亡率の過剰相対リスクは1 G…

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。

論文へのリンクはこちら
この回答集のPDFは、以下に埋め込んであるが、こちらからダウンロード可能。
論文発表時の記者会見関連記事はこちら




2015年10月19日                            

 日本人医師の方々から、論文に関して貴重なご指摘・ご批判を受け取りましたので、お答えさせていただきます。

 この回答集でお答えしたご指摘・ご批判は、太字で表示し、通し番号をつけさせていただきました。なお、回答中で使われている「EBM」とは、Evidence Based Medicine の略で、日本語では「科学的根拠に基づいた医学」とされます。EBMは、もともと Science Based Medicine というネーミングだったようです。この場合、科学的根拠とは、人を観察し人単位で分析された結果もしくはそれを記載した論文ということになります。つまり疫学方法論で分析された結果もしくはそれを記載した論文です。

 まず最初に、医師によるブログ記事2つを取り上げさせていただきます。


ブログ記事1(リンク:http://drmagician.exblog.jp/23772300/) 
1. この論文を見ると,まずethicsに関する記載がありませんのでこの時点で論外で,「はたして倫理委員会をちゃんと通して論文を書いたのだろうか?」という疑問があります(Epidemiology誌では記載が求められるはずですが査読でなぜひっかからなかったんでしょうね?).
回答:論文中に書いてありますので、ご確認ください。今日、医学論文は研究倫理に関する記述がなければなかなか掲載してもらえません。論文中に書いてある論文も結構あります。
2. そ…

岡山大学・津田敏秀教授 日本外国特派員協会での記者会見の動画と読み上げ原稿

2015年10月8日に、岡山大学の津田敏秀教授が、日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を行った。米国時間の2015年10月6日午後に、国際環境疫学会(International Society for Environmental Epidemiology)が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に福島県民健康調査・甲状腺検査1巡目の結果を疫学的に分析した論文がオンラインで先行発表されたので、その論文の内容を説明し、質疑応答を行った。下記に、記者会見告知の和訳、記者会見動画(日本語、英語通訳)、そして会場で英語版が配布された、記者会見の読み上げ原稿の日本語原文(津田氏の許可あり)を掲載する。会見では、実際の読み上げ原稿よりも詳細な説明がされており、スライドを見せながらのミニ・レクチャーも展開されたので、ぜひ、動画の視聴をお勧めする。なお、同内容の英文記事はこちらである。

FCCJウェブサイトの会見告知の和訳

福島第一原子力発電所のトリプル・メルトダウンから約5年が過ぎようとしている今、注目されているのは、放射線被ばくが周辺住民、特に子どもに及ぼし得る長期的な健康影響である。

福島県では、事故当時18 歳以下だったおよそ370,000 人の子どもたちを対象に、大規模の甲状腺超音波スクリーニング検査が行われている。

福島県での小児甲状腺がんの発見率が事故前の発症率よりはるかに高いにも関わらず、福島県の医療当局と日本政府は、その原因は福島事故ではないと主張している。

事故直後に何万人もの住民が避難したこと、そして、福島県で生産された牛乳や他の農産物の販売が禁止されたことがその理由として挙げられている。当局は、国際的に著名な専門家らの支持のもと、甲状腺がんの発症率の増加は、福島県の子どもたちの検査に用いられている超音波機器の精度が高いためであると主張している。

しかしこの主張への大きな反論として、岡山大学・環境疫学教授の津田敏秀氏は、福島で起きている小児甲状腺がんの過剰発生が単なるスクリーニング効果ではなく、放射線被ばくの結果であると述べている。

津田氏の論文は、国際環境疫学会が発行する医学雑誌「Epidemiology(エピデミオロジー)」に今月掲載される予定で、津田氏は10 月8 日に FCCJ で記者会見を行い、研究結果について説明し、質問に答えること…