スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

ワシントン州海産会社の魚介類の放射能測定結果:放射性ストロンチウムと放射性セシウム

ワシントン州の海産会社であるヴァイタル・チョイス・ワイルド・シーフード・アンド・オーガニックス社は、2012年以来、太平洋で捕獲される魚介類の放射能検査を行って来た。今回、キングサーモン、ソックアイサーモン(紅鮭)とビンチョウマグロのストロンチウム検査結果が公表されたので、許可の下、ここに公表する。

ストロンチウム不検出
2014年1月9日付けの記事
結果PDF
「去年の夏、ストロンチウム90という長命核種が福島第一原発から漏れていることを示唆する報告が出始めた。安全性を確認するために、2013年秋に、何種類かの魚をストロンチウム90の検査に出した。」

(注:ストロンチウム検査は、ペース・アナリティカル・サービス社によって行われ、SGSノースアメリカ社によって検証された。)

検体受け取り日 2013年10月30日
検査実施日 2013年11月12日

ソックアイサーモン(紅鮭) -0.00130 ± 0.0210 pCi/g (検出下限値 0.0513 pCi/g)、または -0.0481 ± 0.777 Bq/kg   (検出下限値 1.8981 Bq/kg)
キングサーモン                       0.0228 ± 0.0292 pCi/g (検出下限値 0.0635 pCi/g)、または 0.8436 ± 1.0804 Bq/kg (検出下限値 2.3495 Bq/kg)
ビンチョウマグロ                  -0.0151 ± 0.0167 pCi/g (検出下限値 0.0456 pCi/g)、または -0.5587 ± 0.6179 Bq/kg (検出下限値 1.6872 Bq/kg)

※ 測定結果は、「放射能濃度 ± 不確定さ」として報告されている。また、測定結果が pCi/g だったので、わかりやすいように Bq/kg に換算して併記した。
※ 結果には記されていないが、ヴァイタル・チョイス社にメールで問い合わせた所、検体は、皮と骨を含む魚全体だった。ストロンチウムは骨に蓄積するので、骨が含まれているのは重要。
※ 検出下限値は、MDC(minimum detectable concentration)または、MDA(minimum detectable activity)と呼ばれる。(注1)


なお、ヴァイタル・チョイス社の魚介類捕獲区域はこのペ…