Fukushima Voice original version   Fukushima Voice version 2 English

2013年11月11日月曜日

IPPNWの共同代表ティルマン・ラフ医師の講演内容書き起こし和訳

131106 国連科学委員会(UNSCEAR)福島レポートをどう読むか~IPPNWの共同代表・ティルマン・ラフ博士を迎えて~
イベント情報はこちら
動画はこちら(00:44:18〜1:30:00)
講演スライドのPDFはこちら


ティルマン・ラフ氏は、オーストラリアの感染症・公衆衛生専門家の医師である。核戦争防止医師会議(International Physicians for the Prevention of Nuclear War、またはIPPNW)の共同代表であり、IPPNWオーストラリア支部である、戦争防止医師会Medical Association for Prevention of War、またはMAPW)オーストリア支部の国際顧問でもある。
*****
講演内容書き起こし和訳

こんにちは。今日は、皆さんと午後を一緒に過ごし、現在も進行している、大変重要な問題についての国際公衆衛生からの視点をお話するためにお招きして頂いて大変ありがとうございます。



フクシマの話をするにあたって私が最初に述べるべきだと思うのは、皆さんへのお詫びです。その理由は、非常に残念なことに、フクシマとそれ以外の地域を汚染しているフォールアウトはオーストラリアで採掘されたウランから来たものだからです。




そして、そのウランは、ウラン鉱山がある土地の伝統的な管理者たちの強くて首尾一貫した反対に反して採掘されたものです。なので、それについて本当に申し訳なく思っています。


そして、健康における技術的なトップ機関はWHOだとご存知だと思いますが、WHOの内部では、放射線と健康についての専門的知識はあまりありませんが、専門家の招集力は非常に大きいです。そして、WHOの健康リスク評価の報告書は、2011年9月までだけの推定被ばく量に基づいていますが、今年の2月に発表されました。もうご存知だと思いますが、特に、汚染が最もひどかった地域の子供たち、そして作業員において、固形癌と白血病のリスクがかなり増加すると推定されました。



健康についての世界のトップの技術的機関として、WHOの言葉は本当に最終勧告であるべきです。正直、この時点では、私はUNSCEARなどなければいいのに、と思います。どうしてそう思うか分かりますか?

最初に、WHO報告書にかなり保守的な傾向が見られるにしても、それは例えば、屋内退避を考慮していないというようなことですが、リスクがかなり過小評価されているという理由も、またあると思います。



もちろん、この報告書は、2011年9月までのデータしか含んでいないので、続行中の放出は除外されています。それ以降の作業員はこれからも福島第一原発での作業に従事しなければいけないかもしれませんが、その方たち全員の被ばく量は除外されています。消防士、警察官や自衛隊員などの緊急対応要員が除外されています。皆さんの方がご存知だと思いますが、かなり遅くまで避難されなかった方達がいるにも関わらず、強制的避難区域である20キロ圏内の住民が除外されています。そして、とても重要なことですが、WHOが推計した近隣5県の被ばく線量推測値の幅が、福島県の汚染があまりひどくなかった地域と実質あまり差がないにも関わらず、これらの県の住民の被ばく量が除外されています。そして、日本の残りの地域の住民の被ばく量が除外されています。

UNSCEARについて少しだけお話しますが、公表されている文書、すなわち、あの短いサマリーのみにコメントを留めます。理由は、実際の報告書(付属書)がまだ完成されていないと思われるからです。まず、UNSCEARとは何かについて、いくつかの側面を追加して強調する価値はあると思います。



UNSCEARは、随分前に設立され、国連総会に直接報告します。そして、放射線の被ばく量と影響についてかなり広範囲の権限を持っています。しかし、政府が設立したものです。そして、すべての国の政府が含まれているわけではありません。核保有国のほとんどが含まれており、原子力発電所があったり、ウラン鉱山を通して核連鎖にかなり関与している国々への強いバイアスがあります。したがって、各国の代表が、核活動に大規模かつ多額の投資をしている政府から推薦されるために、概して独立した意見が欠けています。半ばクラブのような感じです。



5月の会議に参加したカナダ代表団のメンバーの1人が、低線量放射線は体に良いという、過激としか言えないような見解の持ち主であり、その考えをオーストラリアで勧めるために、ウラン採掘会社によってオーストラリアに招聘されていたということに驚きました。

なので、一般的に、国連機関や、他の機関がその意見に従う傾向の強いIAEAについては、必要以上に、政府と原子力産業の利害関係に対して、原子力推進目的のバイアスがあると思います。

それでは、この国連総会への短い報告書の中のいくつかの点で、私が懸念を持つ、または整合性がないと思ったことを指摘させて下さい。



最初の方で、非常に大量の放射性物質が放出されたと述べられていますが、どういうわけか、この非常に大量の放射性物質の公衆への影響は、低い、または非常に低い被ばく量です。そして、「識別し得る発症率の増加」というような表現に一番良く当てはまる言葉というのは、英語だとdisingenuous(不誠実)、というのだと思います。影響がないと言っているのではありません。恐らく影響を見つけることができないだろうと言っているのです。そして、もちろんそれは、どれくらい良く物事を見ることができるかによります。さらに、甲状腺癌のリスクの増加は予期されると述べられています。これはあまり整合性がありません。

広島と長崎のデータに基づいた予測を見ると、何十ミリシーベルト(ここではミリグレイ)の範囲だと、健康影響を見るのには、何百万人という、非常に大人数のデータが必要となります。しかし、注意深く探せば、もっと小規模の研究でもかなりの影響を見る事ができます。



米国のスリーマイル島事故では、1ミリシーベルトという比較的少量の放射線が周辺に放出されたと思われています。



しかし、その地域での癌の発症の調べた注意深い研究では、肺癌の発症率と汚染の度合いに非常に明らかな相関性が見られました。それは、大変強い、そして統計学的に非常に有意である相関性でした。




チェルノブイリに関しては、推定被ばく量に基づいて、どのような影響も識別するのが困難であると、(フクシマと)似たようなことが言われました。そしてもちろん、あまり計画的に行われなかった追跡調査をもってしても、小児甲状腺癌が劇的に増加したのが分かりました。


また、最近の、廃炉作業員における白血病のリスクの増加についてのかなり説得力のあるデータを含む、様々な他の影響の証拠も増えています。


原子力産業労働者において実施された最大規模の研究は、国際がん研究機関によって行なわれた15ヶ国研究です。40万人以上の労働者の研究で、そのほとんどにおいて、原子力施設での労働からの被ばく量は、推奨最大被ばく限度よりかなり少なく、平均年間被ばく量は19.4ミリシーベルトでした。しかし、推奨職業被ばく限度内のこれらの被ばく線量において、とても明らかで、かつ統計的に非常に有意な増加が、すべての癌と白血病で見られました。






通常運転されている原子力発電所周辺の住民もまた、非常に低い線量の放射線に被ばくすると推定されている。しかし、実際には今ではかなりの量の証拠があり、その中で一番優秀な研究は、原子力発電所から5キロ以内に住む小児での白血病のリスクが倍であることを示した、このドイツの研究です。



そして、もしも多くの人々が少しの線量に被ばくしたら、その影響は些細ではないかもしれない。日本の人口が大雑把に1億だとして、1ミリシーベルトにつき1万人に1人に癌が過剰発生するという非常に標準的で保守的なリスク推計を用いたら、日本全体で1万人に癌が過剰発生することになります。これを検出することはできないでしょうが、1万人が癌になるということは、些細な事ではありません。



物事は、探そうとしなければ、見つからないものです。そして、これについては、皆さんの方が私より詳しいはずですが、最近発表された日本の専門家による権威のある報告書によって、癌登録の状況があきらかになりました。日本のほとんどの都道府県では癌登録がなく、福島県では2010年に設定されたばかりです。なのでこれは、長期的な癌の影響を見つけようとしているのなら、問題となる可能性があります。すなわち、長期的な発癌の影響をみつけることができるほど敏感なシステムが存在しないかもしれないということです。



私が特に必要だと考えることのひとつは、国際がん研究機関が今でもチェルノブイリでも実施されるべきであると推奨しており、日本でも推奨を待たずに行うべきことですが、被ばくした住民の、推計被ばく量の適切な人口登録です。大まかな推計値でも構いません。そうすれば、どこに住んでいても、推計被ばく量の情報を癌や死亡や出生時の影響などの長期的な健康影響と結びつけることができます。

私が懸念している次の問題は、UNSCEAR報告書内で、被災者を責めるような傾向が見られるということで、少し不穏に感じます。被ばく量が平均より多かった住民は、食べるのを止めるように言われた食べ物を食べたとか、避難区域に住み続けたというようなことが示唆されています。その人達が悪いのだと示唆しています。また、健康への悪影響の中には、放射線への根拠のない不安に関連しているものがあるとも示唆しています。とてもひどいことが起きたというより、ちゃんと理解していないからだということです。放射線が問題でないということを分かっていない、というのです。自分自身の問題だというのです。何かとてもひどいことが起こってしまったという事の理解が欠けているのです。崎山医師が委員を務められた国会事故調査委員会のとても優れた報告書が結論づけたように、事故への対応と管理においては、うまく行なわれなかったことがたくさんあります。そういうことは、UNSCEAR報告書では、少なくともサマリー版では、まったく認識されていません。



次にお話したいのは、子供たちについてです。

少し矛盾を感じます。サマリー版の同じページ内で、一方では、6年前に、小児の放射線の発癌影響への感受性は、一般大衆の2−3倍だと結論づけたと述べてあります。しかし同じページの後の部分では、小児期における放射線被ばくの影響を一般化しないようにと述べてあります。これらの供述はちょっと整合し難いと感じます。



また、少なくともサマリー版では、住民の防護のための行動という、肝心なことに関しての勧告がありません。

国会事故調査委員会の報告書でも使われていましたが、ここに、米国科学アカデミーからの大変有効な証拠があります。すべてのデータを合わせたら、長期的な発癌リスクは、小児においてよりずっと多く、また、男児よりも女児においてよりずっと多いということが明らかに示されています。



さきほどCTスキャンの研究が言及されていましたが、私はちょっとこの研究を誇りに思っているのでお話したいと思います。この研究の研究者は、年を取っています。退職するべきような年齢です。なのに、この、まったくすばらしい研究を行ったのです。これは、これまで行なわれた小児におけるCTスキャンの研究、あるいは、実際のところ、小児における低線量被ばくでの最大規模の研究と言えるでしょう。69万人と言う、非常に大人数のCTスキャンを受けた小児を平均して9年間追跡調査しました。並外れた統計的正確さにより、CTスキャンを一度受けたあとの9年間での発癌リスクが24%増加したことが示されました。CTスキャンの回数が1回増える度に、発癌リスクが16%増加しました。注意深く推計された平均被ばく量は、福島県の多くの住民の推計被ばく量と大変近いのです。もちろん、この人達(福島県の住民?)の生涯リスクはその数倍となります。また興味深いことに、1ミリシーベルトごとの相対リスクは、広島と長崎の研究よりもほぼ10倍高く、統計的パワーもより大きかったのです。





UNSCEAR報告書について私が非常に嬉しくない問題があるのですが、実質、とても無関心を示しているような感じがしたので、怒りを感じました。報告書は確かに短いのですが、動植物への影響について、とても無関心です。もちろん、そんなに多くの研究が行われていないので、証拠が多いわけではありません。しかし、研究でわかっていること自体は、非常に説得力があります。


これは事故後、2011年の夏のものですが、赤で表示されているのは、植物の光合成活性の減少で、放射能汚染が多い区域とまったく整合しています。福島県の汚染区域の植物全部の活性が、あの夏には減少していたのです。




また、ティム・ムソーという並外れた教授が、汚染が最もひどい地域のいくつかで、鳥と昆虫の調査をされました。



そして、チェルノブイリとまったく同じような傾向が見られたのですが、このグラフでは変化があまり分からないかもしれませんが、対数グラフなので見た感じよりもずっと大きな影響を表しています。チェルノブイリ、そして同様に福島県で、汚染度が増すにつれて、鳥の数が明らかに減少するのが見つかりました。


皆さんは良くご存知かもしれませんが、この、特定の種の蝶の研究では、広範囲に及ぶ異常が、複数の世代にわたる影響として見つかっています。



昆虫の放射線感受性は人間よりずっと少ないのです。多くの様々な異常が、蝶の羽根や眼や色々な部位で見られました。



もちろん、福島原発の現在の状況は安定しておらず、一般に、何かがニュースの話題になるたびに、状況が悪化しているように見えます。私は特に、作業員の方達の事が心配ですが、これは皆さんもご存知のことと思いますが、UNSCEARやWHOは、初期の推計被ばく量をが作業員の被ばく評価に用いたであろうと思われますが、2−3ヶ月前に、実は甲状腺被ばく量が100ミリシーベルトを超える作業員の数が、当初の10倍であると報告されました。


IPPNWは、フクシマについて色んなステートメントを出しましたが、ここにその情報を入れてあります。そして、お手元には、国際支部の多くが賛同した論評の概要があると思います。今、それについて詳しくは説明しませんが、最後に、何が優先されるべきであるかという私のまとめの概要を紹介してこの講演を終わらせて頂きたいと思います。実際、このような報告書というのは、証拠をもってして何らかの結果をもたらすことを助長するべきなのですから。



まず最初に申し上げたいのは、明らかに、原子力産業の擁護や賠償金額の低減、あるいは他の利害関係ではなく、公共衛生と安全および環境保護が第一義的事項であるということです。福島県だけのアプローチでなく、全国でのアプローチが必要です。先ほど登録制度についてお話しましたが、これは、影響を検出するためだけではなく、実際に、一番必要な人が医療を受けれるようにするためにも重要だと思います。多くの国々では、原子力労働者の放射線被ばくの生涯登録制度があります。どこで仕事をしても、被ばく量が登録システムに加算されるのです。それがなぜ日本で実施されていないのか理解できません。そして、皆さんの方が良くご存知だと思いますが、今、この「子ども・被災者支援法」の実施と予算確保について重要な問題があるようです。「子ども・被災者支援法」が全国規模で実施され、十分な予算を受けるように求めることを私達が推奨するのは、重要なことです。



UNSCEAR報告書の中で我々に対して警告を鳴らしていることがひとつあると思うのですが、それは、子どもの推計被ばく量がずっと多いということです。そして、子ども達を守る事は、本当に不可欠な優先順位を持ち、まだまだやらなければいけないことがあります。

2番目に、明らかに、損傷を受けた原発からの放射能漏えいおよび汚染の漏えいがひどくなるリスクをコントロールするために必要なことを実行するということです。そして、もちろん、他の原子力施設全部からのさらなる漏えいを防ぐことは、これらの原子力施設が停止したまま、そして廃炉にされるのであれば、とても効果的になります。

では、最後に、簡単で現実的な提案をしたいと思います。

国会事故調査委員会は大変すばらしい仕事をしたと思いますが、解散してしまったのは本当に残念です。このような委員会は、私から見ると、現状および何が必要であるかについて定期的なモニタリングとレビューを行なうという、非常に有益な役割を果たします。国連機関に調査を一度依頼するのでなく、再度モニタリングとレビューを行い、継続した注意を払い、フクシマ事故がまだ収束しておらず、安定していないと言う事実に焦点を当てることもまた重要です。フクシマ事故についての独立した研究結果を定期的に発表できる場所も大変役立つと思います。



この2−3年間、かなり定期的に日本に来て、福島県を訪問し、これらの問題の話をしてきましたが、医師の多くが、この問題に関して、言わば静かにさせられ、また沈黙するように脅されているということにとても懸念を持っています。国会事故調査委員会は、非常に不穏なことに、原子力産業が日本のICRPメンバーの旅費を援助していたと述べていました。これは明らかに汚職であり、利益相反です。電事連が、放射線と健康について独立した勧告を出すことになっている立場の人達に資金援助していたのです。残念ながら、日本の原発ムラは、また、その影響を大学および医師や科学者にも及ぼしていると思います。そのようなことをもっと包括的に記録に残していくのはとても役立つと思います。

そして、日本に決定したオリンピック誘致に対して、安倍首相が、フクシマの状況は安定しており、放射能汚染も限られていると述べたことが正直でなかったとしても、この際、オリンピックを利用するといいと思います。オリンピックのために、これから7年間、日本と安全とフクシマで何が起こっているかということについて国際的な注目を受け続けるわけであり、それは実際に安定化させる外圧となり得ると思うので、使わない手はありません。

長く話し過ぎたので最初に続いて最後にもまた謝らなければいけませんが、遠方から話をしにきたので、どうぞお許しください。





和訳:Yuri Hiranuma
和訳校正:




2013年11月10日日曜日

ドイツTV動画「なぜ福島災害は無害化されているか」 ドイツIPPNW公式日本語字幕動画のナレーションの書き起こし(英語・日本語併記)

2013101日ドイツのテレビ局3sat"nano"という番組で放映された、フクシマ原子力事故の健康影響が過小評価されていることに関する動画。ドイツIPPNWの理事会員である小児科医のアレックス・ローゼン医師は、UNSCEAR2013年フクシマ報告書論評(論評の和訳はこちら。論評の概要の和訳はこちら)を手がけた人物の1人だが、ドイツではUNSCEAR報告書への関心が強く、ローゼン医師へも早々とインタビューの依頼が来ていたと聞いている。

既に日本字幕付きバージョンも出回っているが、ローゼン医師自身によるドイツ語ナレーションの英訳の和訳が日本語字幕となっている、ドイツIPPNW公式版を紹介する。また、ナレーション書き起こしの英訳と和訳を下記に書き起こしとして掲載した。

インタビューされた人達。
アレックス・ローゼン、小児科医、IPPNWドイツ支部
ヴォルフガング・ホフマン、疫学研究者、グライフスヴァルト大学
マーク・モリトール、ベルギーTVのジャーナリスト、UNSCEARベルギー代表についての記事の著者(その記事の和訳はこちら
キース・ベイヴァーストック、放射線生物学者、元WHOの放射線リスク研究部門の部長

3sat nano: Warum die Katastrophe von Fukushima verharmlost wird

(3sat "nano" なぜ福島災害は無害化されているか)




ナレーション書き起こし

While contaminated water flows into the ocean near Fukushima and experts anticipate that the removal of the three melted fuel cores would not be finished for at least 40 years, good news seem to appear for a change.
汚染水がフクシマ近海に流出し、溶融した3つの燃料炉心の除去が最低40年間は終わらないと言われる中、趣向を変えて、朗報が出て来たようだ。

The harbinger of these good news was Wolfgang Weiss, the representative of the German UNSCEAR delegation. 
この朗報のメッセンジャーは、UNSCEARドイツ代表団団長のヴォルフガング・ヴァイス氏だった。

UNSCEAR is the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation.
UNSCEARは原子放射線の影響に関する国連科学委員会である。

"Statistically, we do not see any direct risks or health effects for the Japanese public due to Fukushima."
「フクシマ事故に起因する、日本国民への直接のリスクや健康影響は、統計学的に現れていない。」

Regrettable, none at UNSCEAR wanted to talk to us – appearently for good reasons...
残念ながらUNSCEARのどの委員も我々の取材に応じなかったが、それには良い理由があるようだ・・・

(Dr. Alex Rosen, German IPPNW)
(アレックス・ローゼン医師、IPPNWドイツ支部)

"We are very critical of the UNSCEAR report, due to be released in October, of which we have a draft copy, because we see it as an attempt to downplay the effects of Fukushima."
「我々の手元には、10月に発表される予定のUNSCEAR報告書の暫定報告書がありますが、フクシマの影響を過小に見せようとしていると思われるため、我々は非常に批判的です。」

The physician Dr. Alex Rosen has been studying the health effect of radiation on children and future generations for a long time and is a board member of the German section of the International Physicians for the Prevention of Nuclear War (IPPNW).
アレックス・ローゼン医師は、小児と将来の世代への放射線による健康影響を長年研究しており、核戦争防止国際医師会議(IPPNWドイツ支部の役員である。

(Dr. Alex Rosen, German IPPNW)
(アレックス・ローゼン医師、IPPNWドイツ支部)

"Despite better knowledge, the Japanese government refused to distribute stable iodine tablets to children in order to avoid mass panic. 
「日本政府は知識があるにも関わらず、集団パニックを避けるために、子供達に安定ヨウ素剤を配布することを拒否しました。

We know that children who are exposed to radioactive iodine have a greater risk of developing thyroid cancer. 
放射性ヨウ素に被ばくした子供は、甲状腺癌になる確率が高いことがわかっています。

And we already have a higher number of thyroid cancers in children than expected."
そして、既に、予期されたより多くの小児甲状腺癌が見つかっています。」

Mass screening in Fukushima children revealed a high number of thyroid abnormalities.
福島県の子供達の集団スクリーニングでは、甲状腺異常が多く発見された。

“Mass screening just detects more cases” is the official explanation. So can all these cases be explained by mere statistics? 
「集団スクリーニングを実施すれば、より多くの症例が見つかるものだ。」というのが公式見解である。

So can all these cases be explained by mere statistics? 
それでは、これらの症例全部が、統計学だけで説明がつくのだろうか?

According to Dr. Rosen, the UNSCEAR report is based on several faulty assumptions.
ローゼン医師によると、UNSCEAR報告書は、いくつかの誤った仮定に基づいている。

(Dr. Alex Rosen, German IPPNW)
(アレックス・ローゼン医師、IPPNWドイツ支部)

"For example, they insist that the unborn child has the same level of vulnerability to radiation as a small child. 
「例えば、胎内の子供の放射線感受性は、幼い子供と同等だと主張されています。

This, however, goes against basic radiation biology. 
しかしこれは、基本的な放射線生物学に反しています。

Of course, the unborn child has a much higher sensitivity to radiation. 
当然のことながら、胎内の子供の放射線感受性は、はるかに高いのです。

The high rate of tissue growth and mitosis leads to more pronounced effects of radiation and to more mutations.
体組織の発達や細胞分裂のスピードが高いため、放射線被ばくへの影響が大きく、突然変異をより起こしやすいのです。」

We meet the epidemiologist Dr. Wolfgang Hoffman of the University of Greifswald. 
グライフスヴァルト大学の疫学者ヴォルフガング・ホフマン博士に会いに行った。

As an expert, he also has doubts about the UNSCEAR report and draws parallels to past cover-ups, such as the case of Chernobyl.
彼も、専門家としてUNSCEAR報告書に疑問を持っており、チェルノブイリ事故のような過去の隠蔽と比較している。


(Dr. Wolfgang Hoffman, University of Greifswald)
(ヴォルフガング・ホフマン博士、グライフスヴァルト大学 )

"To make a prognosis about future developments at this point is not serious science, especially when the report says that there will be no risk. 
「現時点で今後の展開を予測するのは、特に報告書が被害が出ないだろうと述べるのは、真面目な科学とは言えません。

This is obviously not the case.
これは明らかに事実と異なります。

There will certainly be a higher cancer incidence."
癌の発症率は確実に高くなるでしょう。」

Dr. Hoffman knows the possible consequences of the UNSCEAR report: Critics can be accused of raising panic - and potential compensation lawsuits can be prevented in advance.
ホフマン博士は、UNSCEAR報告書の効果がどういうもので有り得るかを知っている。批判する者はパニックを煽ると非難される。そして、起こり得る補償訴訟もあらかじめ回避することが出来る。

(Dr. Wolfgang Hoffman, University of Greifswald)
(ヴォルフガング・ホフマン博士、グライフスヴァルト大学 )

"We should not underestimate the tremendous pressure that is being exerted on this committee from various sides.
UNSCEAR委員会に様々な分野からかかっている多大な圧力を過小評価するべきではありません。

And, of course, critically thinking experts would never have a chance to be accepted in this body in the first place.
そしてもちろん、批判的な専門家は最初からこの委員会に受け入れられることはありません。」

(Dr. Alex Rosen, German IPPNW)
(アレックス・ローゼン医師、IPPNWドイツ支部)

"Many of the UNSCEAR members have had careers in nuclear agencies and regulatory bodies in various countries, in the International Atomic Energy Agency (IAEA), an organization who sees its purpose in the worldwide promotion of nuclear energy, or even in nuclear energy companies that make their money building and operating nuclear power plants."
UNSCEARメンバーの多くは、様々な国の原子力機関および規制機関、原子力エネルギーを世界に推進することを目的に掲げている機関であるIAEA(国際原子力機関)、あるいは原子力発電所の建設と運営で利益を得ている原子力会社においてさえ、勤務経験があります。」

So have we let the foxes guard the henhouse? 
これは、“ネコにかつお節の番をさせている“ということか?

Or are German physicians simply smarter than 72 international experts who stand behind the report unanimously?
それとも報告書を全会一致で支持する72人の国際的な専門家よりも、ドイツの医師の方が賢いだけなのか?

But appearantly, the support was not as unanimous as it may seem. 
しかし、実は、全会一致の支持というわけでもなかったようだ。

We discover a news story that the Belgian delegation initially refused to sign the report.
UNSCEARベルギー代表が当初、報告書にサインするのを拒否したと言う新聞記事を発見した。

So was there an internal conflict within UNSCEAR? 
では、UNSCEAR内で内紛があったのだろうか?

We pose this question to the head of the Belgian delegation, Dr. Hans Vanmarcke, but he declined to provide us with information.
ベルギー代表団団長のハンス・ファン=マルケ博士に尋ねてみたが、情報を提供してもらえなかった。

 So instead, we contact the journalist responsible for the article by video conference.
そこで代わりに、記事を書いたジャーナリストに、ビデオ会議でコンタクトを取った。

(Marc Molitor, Belgian TV)
(マルク・モリトール/ ベルギーTV)

"Members of the delegation told me that the report was written in such a way as to downplay the consequences of the catastrophe. 
「報告書はフクシマ事故を影響を小さく見せるために書かれたのだと、代表団のメンバーが私に話してくれました。

And that they acted as if the experiences and studies of Chernobyl simply did not exist. 
そして、チェルノブイリでの経験や研究が単に存在しなかったかのように振る舞ったということでした。

They fought over this.”
これについて、論争があったのです。」

This goes very well together with another fact: a large part of the data on which the report is based came from the World Health Organization (WHO). 
これはまた別の事実とも一致する。
報告書のベースとなったデータの大部分は、世界健康機構(WHO)から来ている。

A 50-year old gag order by the IAEA prevents the WHO from unrestricted reporting on radiation-related health risks.
しかし50年前のIAEAによる箝口令のために、WHOは放射線関連の健康リスクについて自由に報告することができないのだ。

(Dr. Alex Rosen, German IPPNW)
(アレックス・ローゼン医師、IPPNWドイツ支部)

"There is no department in the WHO that deals with the health effects of radiation. 
WHOには放射線による健康影響を調査する部署はありません。

On this field, the WHO relies solely on the knowledge and expertise of the IAEA."
この分野に関してWHOは、IAEAの知識と専門的経験のみに頼っているのです。」

However, such a department did exist in the past: The British radiation biologist Keith Baverstock directed a team of WHO researchers investigating radiation risks. 
しかし、そのような部署はかつては存在した。
英国の放射線生物学者キース・ベイヴァーストック氏は、放射線リスクを調査するWHO研究者チームの指揮を取っていた。

In 2001, the department was closed without a reason, and Baverstock, who is currently doing research in Finland, was transferred. 
2001年に、部署は理由なしに閉鎖され、現在フィンランドで研究をしているベイヴァーストック氏は、転任させられた。

We are able to contact him through a video call.
彼とビデオ電話でコンタクトを取ることができた。

(Dr. Keith Baverstock, Finland)
(キース・ベイヴァーストック博士、フィンランド)

"The IAEA was not very happy with the findings of my program. 
IAEAは、私が指揮を取っていた研究プログラムの調査結果が気に入らなかったのです。

It was, if I may say so, not controlled by the WHO headquarter in Geneva, as our office was independent and free standing. 
研究プログラムは、言って見れば、私達の事務所がジュネーヴのWHO本部から独立して分かれていたため、WHO本部にコントロールされていませんでした。

Generally speaking, the WHO had little control over what we published, and I think they were unhappy about that."
一般的に、WHOは我々の研究結果をコントロールできなかったため、IAEAには気に入らなかったのだと思います。」

Prevented research?
妨害された研究?

Experts with conflicts of interest?
利益相反を持つ専門家達?

Downplaying of the catastrophe?
大惨事がそれほど重大でないと主張する?

Just like in Chernobyl...
チェルノブイリの時と同じだ・・・

Apparently, the lessons were not learned.
明らかに、教訓を何も学ばなかった。

Or... there was no will to do so.
あるいは・・・学ぶつもりがなかったのだ。
    

和訳:Yuri Hiranuma
和訳校正:

(2013年11月20日に、動画を、ドイツIPPNW公式英語字幕版から、ドイツIPPNW公式日本語字幕版に差し替えた。)




福島県の公園では、1時間しか遊べない

福島市から京都に自主避難した女性、Akemiさんが、2013年3月に帰省した際に、福島市の実家の近所で撮った画像を紹介する。


看板の内容
公園を利用する皆さんへ
環境放射線の影響により、公園利用にあたっては次の点に留意してください。

  • 公園の利用は、1日あたり、1時間程度としてください。
  • 公園の利用後は、手や顔を洗い、うがいをしてください。
  • 土や砂を口に入れないよう注意してください。

(問い合わせ先)福島市公園緑地課 TEL 525-3765


これが、その公園である。Akemiさんの実家周辺の3つの公園に、同じ看板が立っていたそうだ。砂場には、ブルーシートがかかっており、重しがしてある。実は、この公園は、緑地帯公園だったそうだ。Akemiさんは、先に息子さんを京都に避難させていたのだが、2012年8月に1週間ほど京都へ行っていた間に、除染作業の一環なのか、その緑地帯公園が普通の公園に変身していたそうだ。Akemiさんによると、毎朝この公園を突っ切って登校しているこどもがいるそうだ。


少し違う角度から撮られた画像では、左上に工事用のショベルカーが見える。



さらに別のアングルからの画像では、公園の上の方に工事現場があるらしいのが分かる。実は、ここに家が建つそうである。


Akemiさんがその工事現場に近づいて撮った画像。ラデックスでは、0.52 μSv/hと表示されている。


除染後には、’どの公園でも除染後の空間線量を表示されている。この公園の看板には、測定日は平成25年3月11日で、空間線量は0.186 μSv/hと書いてある。しかし、Akemiさんのラデックスは、0.49 μSv/hという、約2.5倍の数値を表示している。


ちなみに、福島県のテレビ番組では、このような「県内環境放射線量測定値」が、軽やかな音楽と共に、まるで天気予報のように放映されているという。



*****
なお、このような看板は、2011年4月25日から福島市各所で設置されていたらしい。

2011年4月25日の共同通信の記事の引用。

福島市公園に注意呼び掛ける看板 基準上回る線量 

福島市は25日、大気中から国の基準(毎時3・8マイクロシーベルト)以上の放射線量が検出された市内の二つの公園に「利用は1日あたり1時間程度としてください」と注意を呼び掛ける看板を設置し、砂場はブルーシートで覆った。


 福島第1原発から60キロ以上離れているにもかかわらず、基準と同じ放射線量が検出された「信夫山子供の森公園」。いつもなら子どもたちの声が響き、桜の花見客でにぎわうが、この日は人の姿は全くなかった。


 市公園緑地課の職員は「いい公園にするために頑張ってきたのに…」と話し、近所の女性(78)は「子どもの声が聞こえなくて寂しい。こんなに静かな春は初めて。原発事故がただただ悔しい」と涙を浮かべた。


 福島市の中心部にあり、基準を0・1ポイント上回った新浜公園にも看板が設置された。


*****

近所の公園で遊ぶのに、1時間という時間制限がある子供達。
事故による放射能フォールアウトが、「環境放射線」と呼ばれている件。
除染後の空間線量と個人モニタリングの差異。
1時間しか遊べない公園のすぐ傍に新築中の家。(ちなみに、福島市では、浜通りから避難してきた人達が定住するべく家を新築中のため、ちょっとした土地バブルが起こっているという話である。)

個々にさまざまな事情があるのだと思うが、このような画像を目にすると、色々と考えさせられる。

*****
注:郡山市の酒蓋公園の看板の画像を、今年4月のものだとして掲載しておりましたが、現在の放射線量からその真偽が疑わしいとのご指摘を頂いたのと、元々、インターネット上に出回っていた画像で元ソースが不明であるとの点を考慮した上で、米国時間の2013年11月16日に削除いたしました。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

2013年11月3日日曜日

国際連合総会第4委員会でのUNSCEARへのステートメント:中国の強い指摘、および日本の言い訳とクレーム

UNSCEAR2013年報告書が提出された、2013年10月25日国際連合総会第68回セッション第4委員会の動画より、中国国連代表のステートメントで福島原発事故関連の部分と、日本国連代表のステートメント全文の書き起こし和訳をした。この委員会のプレスリリースはこちら

中国代表のステートメントには、外交辞令ながらも、日本政府への強い要望が含まれていると感じた。日本代表のステートメントは、日本政府の「意図」が良く表されているようであり、2013年10月11日にUNSCEARが最初に報告書を第4委員会に提出した直後の下記の報道以来、不自然なほどこの報告書についての報道がない理由が伺えるようである。



中国国連代表のZhao Xinli氏のステートメント
動画の1:05:54より:同時通訳のため、書き起こし中に、文章構成が不完全な部分が所々見られたが、極力意味が通るように和訳した。)

遺憾で痛ましいフクシマ原子力事故は、同様の事故が起こるのを防ぐための、より効果的な予防対策と、さらに包括的で徹底的および系統的な考察を求める視点を持ち、真剣な反省および注意深い調査と研究に携わることを促すものであります。

今でも、フクシマ原子力事故現場では二次的事象がまだ度々起こっており、世界中、特に近隣諸国の国民に大きな不安をもたらしています。当事国は、国際コミュニティー、特に懸念を持つ諸国の国民の不安が軽減されるように、誠実に責任を果たし、事故の余波と対応し、関連情報の透明性と信頼性を確保するために、時宜を得た効果的な対策を採用するべきであります。

(中略)

原子力放射線がもたらす課題を目の前に、国際連合は、原子力放射線の安全性を確保する役目を果たすべきです。これは、次の4つの分野で行なうことを示唆いたします。

最初に、大きな原子力事故(訳注:"the"とあるので、この場合はフクシマ事故のこと)の余波を適切に処理し、学ばれた教訓を復習すること。原子力大事故が、人間に生理学的、及び心理学的に及ぼす悪影響を考慮すると、将来的予防のために、悪影響を評価し、かつ学ぶべき教訓をまとめるために、国際コミュニティーの努力を統合するべきです。当事国は、人間の安全を最優先すべき問題と見なし、援助が可能であり、かつ提供する気がある国連関連機関や諸国との対応においてオープンで透明なアプローチを取り、事故の余波の処理に向けての協調した取組がなされ、様々な悪影響が最小限におさえられるようにするべきです。(訳注:最初の部分のみフクシマ事故関連のため、後略。)

書き起こし原文
The regrettable and harrowing Fukushima nuclear incident should prompt us to engage in serious reflections and careful investigation and research with a view to finding more effective, preventive measures, still comprehensive, in-depth, and systemic consideration to prevent occurrence of similar accident.

To date, secondary incidents still occur, now and again, at the site of Fukushima nuclear incident, causing widespread worries around the world, especially among the people of neighboring countries. The country concerned should genuinely fulfill its responsibility and adopt timely and effective measures to deal with the aftermath of the incident and ensure the transparency and credibility of relevant information so that international community, particularly the people of various countries concerned, are reassured.

(...)

In the face of challenges posed by atomic radiation, the United Nations should play a role in ensuring atomic radiation safety. I suggest we go about that work in the following four areas:

First, properly handle the aftermath of the major nuclear incidence and review the lessons learned. In light of the harmful effect of major nuclear incidence on human physiology and psychology alike, the efforts of the international community should be integrated to assess the harm done and sum up the lessons to be learned for future prevention. The country concerned should deem human safety the number one issue, take an open and transparent approach in working with relevant UN agencies and countries that are able and willing to help so that concerted efforts can be made to handle the aftermath of the incident and minimize various harmful effects.

(...)



日本国連代表のタカハシナオキ氏のステートメント
動画の1:18:52より:タカハシ氏が英語で読み上げた。)

議長、このトピックが非常にテクニカルな性質であるため、今日の私のステートメントが首都からの直接の指示に基づいている事を明白にしたいと思います。まずは、あなたの、国際連合第68セッション第4委員会での効果的な議長職に謝辞を述べたいと思います。

1955年に国連総会によって設立されて以来、原子放射線の影響に関する国連科学委員会、または略してUNSCEARは、電離放射線の供給源および影響の権威ある科学的レビューを提供するというきわめて重要な機能を果たしてきました。委員会の仕事は、世界に、放射線リスクを評価し、放射線防護と安全基準を設定するための科学的データを提供してきました。

原子力技術の安全性に完全にコミットする国家として、日本は、委員会の仕事から恩恵を受けました。2011年に、大地震と津波によって引き起こされた原子力事故の個人的かつ悲劇的な経験を通して、日本は、原子力安全に対する強いコミットメントをさらに強化し、この分野でのUNSCEARの重要な役割を、なおいっそう認識しています。

議長、放射線と核エネルギーを使用するにあたっての人類と環境の安全と保障を確保することの重要性は、誇張できません。公衆衛生においてそれを促進することは、医学目的での放射線使用においてと同様に欠かせないものです。UNSCEARは、2011年の東日本大震災と津波の後の原子力事故による被ばくと放射線リスクの程度に関する科学的評価を2年以上行なっている唯一の組織です。評価の結果は、我々が人類と環境内での安全を確保し続けるために適切な対策を取るために、確実に役立つでしょう。この点では、科学委員会のコミットメントと活動的な仕事に感謝します。

議長、日本政府は、悲劇的な事故以来、福島第一原子力発電所の作業員および周辺住民における被ばく量を把握することを最大に重要だと考慮していると言及させて下さい。

残念なことに、今月、UNSCEARがこの委員会に報告書を提出した直後に、福島第一原子力発電所の作業員の内部被ばく量評価の間違った認識に基づいた記事がいくつか報道されました。日本メディアのいくつかは誤解をして、UNSCEARは日本政府が発電所の作業員の内部被ばく量を過小評価したと結論づけたと、間違って書きました。UNSCEARが、被ばく量推計において、過小評価だけでなく、過大評価の要因もあると理解しているのを我々は認識しています。しかし、UNSCEAR報告書には、内部被ばく量の過小評価しか書かれていないため、公衆が、報告書のメッセージを誤って解釈してしまう可能性があります。この点では、日本は、UNSCEARに、近日発表予定の評価報告書で、内部被ばくの全体的評価のバランスを取って頂くことを求めたいと思います。日本政府は、UNSCEARに必要な証拠とデータを提出する準備ができており、委員会にそれを考慮して頂けたら大変感謝致します。

議長、前述致しましたように、科学委員会の役割の重要性を誇張することはできません。最後に、UNSCEARの重要な仕事に対しての日本の継続したコミットメントと支援を再度断言したいと思います。議長、どうもありがとうございました。

書き起こし原文
Mr. Chairman, due to the nature of this very technical topic, I would like to make it clear that my statement today is based on instruction directly from our capital. As the outset, I would like to express my appreciation to you for your excellency's effective chairmanship in the Fourth Committee during the 68th session of United Nations General Assembly.

Since its establishment by General Assembly in 1955, the United Nations Scientific Committee for Effects of Atomic Radiation, or UNSCEAR in short, served the vital function of providing authoritative scientific review of sources and effect of ionizing radiation. The work of the committee has provided the world with scientific data for evaluating radiation risk and establishing radiation protection and safety standards. 

As a country fully committed to the safety of nuclear technology, Japan has benefited from the work of the committee. Through the personal and tragic experience of the nuclear accident caused by the massive earthquake and the tsunami in 2011, Japan further enhances its strong commitment to nuclear safety, and recognizes, all the more, the critical role played by UNSCEAR in this field.

Mr. Chairman, the importance of ensuring the safety and security of human beings and the environment in the use of radiation and atomic energy cannot be overstated. It is as indispensable to promote in public health as in use of radiation for medical purposes.  UNSCEAR is the only organization that has been carrying out the scientific assessment for more than two years regarding the levels of exposure and radiation risks attributable to the nuclear accident following the Great East earthquake and tsunami in 2011. The results of assessment will definitely be useful for us to take appropriate measures to continue ensuring the safety of human beings and in the environment.  In this regard, we appreciate the commitment and active work of the scientific committee.

Mr. Chairman, allow me to mention that the Government of Japan has been attaching the utmost importance to grasping the amount of exposure of workers at Fukushima Daiichi nuclear power station and the residents in the region since the tragic accident. 

To our chagrin, some articles were published based on misperceptions of the evaluation of the internal exposure on workers at the Fukushima Daiichi nuclear power station in Japan right after UNSCEAR submitted its report to this committee this month. Some Japanese media misunderstood and incorrectly wrote that UNSCEAR has come to a conclusion that the Government of Japan underestimated the amount of internal exposure of workers at the plant. We are aware that UNSCEAR understands there are factors of underestimation as well as overestimation in exposure estimation.  But only underestimation of internal exposure is written in the report of UNSCEAR, which would possibly lead the public to misinterpret the message of the report. In this regard, Japan would like to kindly request UNSCEAR to give balance to the overall evaluation of internal exposure in the incoming assessment report. The Government of Japan is ready to submit the necessary evidence and data to UNSCEAR and would be most grateful if the committee would take them into consideration.

Mr. Chairman, as previously mentioned, I cannot exaggerate the importance of the role of the scientific committee. To conclude, I would like to reaffirm Japan's continued commitment and the support for the important work of UNSCEAR. I thank you, Mr. Chairman. 


和訳:Yuri Hiranuma
和訳校正:

2013年10月30日水曜日

PSRとIPPNWのUNSCEAR報告書についての論評に関する記者会見の報道

ドイツでの報道

テレビとラジオのニュース
医学メディア
新聞、その他

ニューヨーク・イベントに関する国際ニュース

2013年10月26日土曜日

原子力規制委 田中委員長「津波が来ない事を神に祈るのみ」

原子力規制委員会 定例記者会​見 (平成25年10月23日) 
http://www.youtube.com/watch?v=pZpvyqq37GQ
(「神に祈るのみ」発言は、36分38秒の辺。)


32分2秒 
ロイター記者:11月から1Fの4号機で燃料のプールからの取り出しがありますけども、何か懸念されていることはありますでしょうか?

田中俊一委員長:使用済み燃料の取り出しは、間違いを起こしてはいけない大きなリスクを伴う仕事ですから、非常に注意深くやるようにということを、今、色んな形で、注意だけでなく色んな体制も含めて、今、喚起してます。

ロイター記者:まあ、あの、一年程度の作業だと東電はみているみたいですけども、それなりの台風とかですね、地震が来るということを前提に作業はする必要があると思うのですが、今、規制委員会として東電に具体的に与える指示とかですね、あるいは今度廣瀬社長と面談されるる時に伝えることとかですね、分かる範囲で結構なので、何かコメント頂けますか?

田中委員長:もちろん台風なんかの場合には来るのが予測できるわけですから、そういった時には作業は、風が吹く時は、やればクレーンにぶら下げたものが揺れたりして危ないですから、そういう気象条件とかも配慮しながら当然やってもらうことになると、まず。具体的なやり方については今後指示性が出て来ると思いますので、それについてはきちっと見て行きたいと思ってます。

ロイター記者:廣瀬社長にこの件で何かお伝えすることはあり得ると言う事でよろしいですか?

田中委員長:まあ、そういう事も含めて色々、あの、色んな体制を整えなきゃいけないと思うんです。例えば、クレーンの運転をする技術者だって、そう誰でも運転していいかというと、そうでもないでしょうから、そういう事です。資格だってねえ、私だってクレーンを運転する資格持ってるけど、私にはとても運転できると思えない。そういうものです。

34分20秒
NHK記者:あの、雨水の件なんですけども、先程の質問にもあったように、現状は堰に溜った水は一旦タンクに移して、まあ測って流すというようになってますけども、現実には間に合わなくてですね、堰の所で測って流したり、あるいはそこで溢れさせてしまったりという事が起きてしまってるわけですけども、そういう意味ではですね、タンクに一回移すというような事は、どこまで厳密に必要なのか、というあたりはどのようなご意見でしょうか?

田中委員長:まあ、あの、どの程度の汚染レベルになってるかによって違うんですけれども、基本的には確認するってのが原則ですから、その原則を守ってくというためには、一旦やっぱりどこかに溜めて、それで測定してから出せるものは出すというのが、それが基本だと思ってます。ただ、今回みたいな大きな台風が来て、何年ぶりかになるような大雨がわーっと降った時に対処できなかったということは、これはまあ非常に大変残念だけども、しょうがないことが起こっちゃったっていうことですよね。

NHK記者:じゃあ、そこは原則論の外に、あの、大雨が降った、ちょっとまあイレギュラーな時とは分けて考える必要というようなお話でしょうか?

田中委員長:まあ、イレギュラーな時でも対処できるように準備すべきだってのが皆さんのご要望だけども、まあ人間なかなか、あの、天災っていうのは、人間の予測を超えることがしょっちゅうありますのでね。そういう時でも、だから、極めてその、それで危ないことが起こらない、今日も島崎委員が指摘してたように、津波なんか来ると大変だって言うんだけれども、これも予測できないんですよね。だから、来ないことを神に祈るのみっていう、そういうものもあります。